So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

5月13日(月) 床屋に行った

床屋に行った。1月28日以来なので、15週間ぶり。前回が16週間ぶりだったのでほぼ一緒。今回もまた結構切ってもらった。子供たちが春キャンプに行ったときに、このチェーンの床屋の割引券をたくさんもらってきたので使ってみる。無料券。無事に使用できた。お礼にいつもよりちょっと多めにチップを払う。

次回も15週間後とすると8月26日ごろ。そこまでなんとかなるだろうか・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

5月10日(金)豆電球を買いに行った

子供たちの小学校では今月末に「サイエンスフェア」と言って、子供たちが自由研究を発表するイベントがある。キンダーから4年生までは希望する児童が出せるが、5年生は全員参加。

うちの子たちはそれまでは見に行くだけだったが、去年から参加し始めて、それがとっても面白かったようで、今年も参加する、とのこと。

「親は手助けしないように」みたいなことが、説明書には書かれていたが、それでは何もできない子供たちなので、いくつか題材を出し、どれがやりたいか?を選ばせる。そして実験方法から発表のボードまでほぼ付きっ切りで指導。

今年は次男は「磁石につく物は何か?」、長男は「複数の電池をどうやってつなげれば豆電球は明るくなるか?」という実験。次男のものは試してみたい物を選ばせて、磁石につくか、つかないか?を調べさせればいいので、結構簡単。長男のものは実験道具が必要。

電池ボックスはアマゾンにてインターネット購入。少しして豆電球がないことに気が付く。もうあまり時間もないし、近所のお店に買いに行くことに。

最初はいつもクラフト用品を買っている「マイケルズ」へ。ここはプラモデル系の部品なども売っているので、科学実験用の商品もあるかと思いきや何もなかった。次はプラモデルも売っているおもちゃ屋の「タルボット」へ。ラジコンとかNゲージとかも置いているのであるかな?と思ったらなし。店員さんに「どこに行けばあると思う?」と聞いたら「San Mateo Electronics」というので行ってみることに。

San Mateo Electronics
16 42nd Ave
San Mateo, CA 94403

どんなとこか?と思いきや、電気工事の人たちとかが来るような電気電子部品の専門のお店。小さくて、お客もいないので、不愛想な店員が「何を探しているんだ?」と聞いてくる。

「子供が学校の実験で使うような豆電球はありますか?」
「たくさんあるぞ?何ボルトのが必要だ?」
「え・・?1.5ボルトぐらいのがあれば」

すると奥からいくつか持ってきてくれて
「これは○○アンペア、こっちは・・・」とこちらの予想以上に専門的なことを言ってくる。ただの豆電球がほしいだけなのに・・・。
でもとりあえず、それらしい豆電球を選び、ついでにソケットも入手することができて、一安心。

アメリカ生活22年だが、いまだに「これ、どこで売ってる?」というのがある。そういえば、日本の実家の近所にあったプラモデル屋ってどんどんなくなったけど、今、プラモデルとか工作部品を買おうと思ったらどこに行くんだろう?

なんか日本もアメリカもどちらもわからなくなってきたなー。

nice!(0)  コメント(0) 

4月22日(月)渡米22年。

今日で渡米して22年になった。

ここまで長く住むと今の周りの環境が自分の日常になってしまい、渡米したころのワクワク感とか、「外国に住んでいるんだな~」という気持ちなんてもうない。

夏に日本に帰っても「帰ってきた」という感覚よりは、行き慣れた海外の旅行先に今年も来たな、という感じ。もちろん懐かしさとかもあるけど、それ以上に旅行に来ている感が大きい。

渡米5年ぐらいの時は、「日本よりアメリカの方がいい!」と思っていたけど、今は少し考え方が変わってきているかも。住むにはもちろんアメリカの方が・・・というかカリフォルニアの方が住みやすい。気候も仕事も、子育て環境も「僕は」カリフォルニアの方が好きだ。

でも、22年も住んでいて、「アメリカ市民になろう」と思わないのは、アメリカ人になりきれていない自分がいて、それを自覚しているから。そしてやっぱり自分のルーツは日本で、日本の文化とか精神論的なものを考えると、日本人なんだよな、と思ってしまうから。

日本人の、人を思いやる気持ち、とか四季折々の環境、情緒。そういうのはもう永遠に自分に染み付いているんだろうな、と思う。

そんなことを想いながら22年が過ぎて、とりあえずこれからも、まだまだアメリカ生活をしていくんだろうな、と思う。

nice!(0)  コメント(0) 

4月21日(日)Chabot Space Centerへ行く

イースター・ウィークエンド。今までは近所のイースターイベントに行って、たまごを拾ってワイワイ盛り上がっていたが、どうせタマゴの中は普段あまり食べないキャンディーしか入っていないし、いい加減飽きただろう、ということで今年はナシ。

サンフランシスコのジャパンセンターでは、毎年恒例の大イベント「桜祭り」が開催されているが、一般市民の僕らにしていれば、出店で食べ物を食べて、展示ブースを見るぐらい。何かに参加している方々と比べると、気持ちの温度差はかなりあるのでパス。

でも今日は久しぶりに次男のサッカーもないし、長男のバスケもない・・・何の予定もない日曜日。どうしたものか?と思って思いついたのが「ChabotSpaceCenter」。サンリアンドロにある宇宙関連の博物館で、過去にも5~6回は行っているところ。

実はここの入場チケットを奥様が持っていることが判明。去年の日本語補習校の寄付活動で行われたオークションで落札したもの、とのこと。うちの奥様は結構オークション好き。

ということで、10時ころ出発し、11時前に博物館に到着。

1年以上ぶりなので、中の展示もかなり変更されていた。でも気持ち、展示物が少なくなったような気もする。もっとびっくりしたのは、入場者数がかなり少なくてガラガラだったこと。多分、イースターだから子供たちはイベントに行っているからだろうけど、それにしても少なかった。おかげで、色々な展示物を待つことなく見れたし、遊べたし、体験することができた。

プラネタリウムのシアターでは、余裕で席に座ることができたし、新作のストーリーを2つも見ることができた。

4時ころに帰ろうと思ったが、子供たちが予想以上に体験コーナーにハマり、なかなか帰ろうとしなかったので、4時半過ぎまでいることになってしまった。でも、楽しかったようで何より。

このChabotSpaceCenter、以前は毎月第一週末は、BankOfAmericaの口座を持っている人は無料!というのがあったのだが、今回受付で聞いてみたら、その特典はもう終了した、とのこと。うちは数年前にBankOfAmericaの口座を作ったので残念だった。

でもまた機会があれば、遊びに来たいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

4月20日(土)奥様とランチ

最近の土曜日は奥様と二人でレストランにランチに行く。先週はランチ99の隣の韓国スンドフのお店。今日はタイレストランのスイートバジルへ。

子供たちは辛いのは苦手なので、大人二人でしか行けないレストラン。先週のスンドフもおいしかったか、今日のタイレストランもおいしかった。奥様はタイカレー、僕はタイの焼きそば。とてもおいしかったが、手ごろな値段の割には量が多くてびっくり。お腹がいっぱいになった。かなりのお得感。奥様は食べきれずにお持ち帰り。夜ごはんの時に一緒に食べていた。

来週もどこかのレストランに行きたいな~。

nice!(0)  コメント(0) 

4月7日(日)San Mateo County History Museumへ行く

今日は何か月ぶりかの、何の予定もない日曜日。今まではずっとサッカーだ、バスケの試合だ、と何かと予定が入っていた。朝はのんびりと起きて、ゆっくり朝食。そして子供たちはさっそく補習校の宿題などなど。

家にクーポンがあったので、初めていく近所のサンドイッチ屋でランチ。全体的に価格設定がちょっと高めで「クーポンがなかったら絶対に来ないな~」と思ったが、味はなかなかおいしかった。でもクーポンほしい。

その後、RedwoodCityにあるSan Mateo County History Museumに行った。長男が遠足に行ったときに、ここの無料入場券をもらってきたので「せっかくだから」ということで。

https://historysmc.org/

アメリカの行政は、一番小さい単位がCity(市)、市がいくつか集まってCounty(郡)、群が集まってState(州)となる。この博物館はもともとはCountyの裁判所だったところが移設で使われなくなったので博物館となった。

San Mateo Countyは、サンフランシスコの郊外の住宅地、という位置づけで発展を遂げた地域だったので、当時の交通網だとか、生活の風景だとかの写真や展示物があった。「郊外の広い一軒家でのびのび暮らしましょう」みたいな宣伝のビデオとかもあった。今ではそれさえも難しいけど(涙)。

紹介ビデオを見ていたら、白人のおばあちゃんと娘さんらしき人が隣に来て一緒に見た。1950年代の映像になったときに「このおばあちゃんは、この映像が懐かしかったりするのかな」と思ったりした。1995年ぐらいの映像が出たときは「自分はこのぐらいの時期に渡米したんだよな~」と思った。

2階に行くと今度はちょっと現代寄りの展示物。ハイテク企業が次々と出てきてシリコンバレーと呼ばれるようになってからは、郊外の住宅地もオフィス街が増えてきて、どこどこの企業の誰々はSan Mateo County出身だとか、どの企業がどんなことをしているか、の紹介があったり。昔の電子機器が展示してあって「昔、こんなの使っていたな~」などちょっとノスタルジックになった。

また「San Mateo Countyはたくさんの人種がいますよ」という展示があり、その中には日本人のコーナーも。第2次大戦中は強制収容所に集められた話とか。でも実はイタリア人やドイツ人も同様の扱いを受けていた、ということが書かれれていてちょっと驚き。

色々なことを子供たちも学びながら、あっという間の2時間。4時になり閉館となった。もし機会があれば、また来てもいいかな、と思った。ちなみに・・・通常は大人2名、子供2名で$20ぐらいらしい。

nice!(0)  コメント(0) 

4月6日(土)日本語補習校の新学期の始まり

今日から日本語補習校の新学期の始まり。長男は4年生、次男は3年生になった。今日は奥様が学校に送って行ってくれたので、僕は家でお留守番。

でも、奥様から新クラスの情報がテキストメッセージで送られてきた。長男はとても仲が良かった友達とは4年連続の同じクラスにはなれずに残念がっていたらしい。が、4年連続はさすがにないだろう。近所の幼馴染のKZくんとはまた同じクラスになれず。現地校でも同じクラスになったことがないので、いつになったら同じクラスになるのやら?

次男は仲の良い友達は全員他のクラスにいってしまったとのこと。それはそれで、新しいお友達を作ればいいし、新しい出会いというのも大切・・・と思いきや。。。

お弁当は2年生までは校舎内のカフェテリアでクラスごとに食べるが、3年生からは外で誰と一緒に食べてもいい。「お昼はどうしたの?」と聞いたら、長男は仲の良い友達と食べたらしいが、次男は「お兄ちゃんと一緒に食べて、そのまま休み時間も一緒に遊んだ」とのこと。

おいおい・・・同学年と一緒に遊んだんじゃないのか?まぁでも、新学期初日だし、これからいろいろな友達と仲良くなっていくんだろうからまぁいいか。今年度も楽しい補習校生活を送ってくれるといいな。宿題頑張れ!

nice!(0)  コメント(0) 

3月31日(日)次男のサッカー大会2日目

さて大会2日目。この日はなんと朝8時からの試合。監督からは7時15分に来るように通達されたので、家族全員6時起床。ご飯食べて用意して7時5分ごろ出発。車はベストポジションに停められた。

試合が始まるまでは、次男は当然練習だが、長男もバスケの練習がしたいというので、公園内のバスケットコートで練習。ちょっとだけ付き合う。

今日の相手はすでに2勝をしている強豪。ここに勝てないと決勝戦にはいけないが、なかなか難しい。しかしなんと先制点を取ったのは次男のチーム。あれ?勝てるんじゃないの?という応援団のテンションが上がっていく。が、その直後に得点を許す。その後は、両者とも譲らず。どちらかというと次男のチームの方が押している感じもする。

前半が終わって1-1。後半も相手に点数を取られても取りかえし、見ている方も「もしかしたら勝てるかも?」という期待が膨らみ、全員大興奮。

が、最終的には3-3の同点で終了。この強豪相手にすごく頑張ったと思う。
その後、他のチームの勝敗結果から、残念ながら決勝戦には進出できず。

9時に試合が終わり、一度家に帰ってきたので、かなり長い日曜日、何も予定がなくなった。ここ最近の週末は試合だ何だと忙しかったので、家族でのんびりと過ごすことになった。

nice!(0)  コメント(0) 

3月30日(土)次男のサッカー大会1日目

今日は次男のサッカーの大会。場所はわが町にて。会場はすべて車で5分以内。とっても嬉しい!

今回は2010年生まれのグループに、なんと!2011年生まれの次男のチームが割り振られた!どうやら過去の対戦成績などから決められるらしい。結構強い次男のチーム。

1試合目は朝8時50分から。30分前に集合なので8時20分。駐車場がない公園なので、8時過ぎに出発。いつも学校に行く時間と変わらない・・・(涙)

一試合目は、開始5分後ぐらいにちょっとした隙をつかれ1点失点。その後はずっとこちらのペースなのになかなか得点が取れない。シュート数でいうとうちのチームの方が断然多いのに。。。結局0-1で敗戦。

この大会はポイント制。勝ちが一番ポイントが高い。勝っても失点があるかないか、も大きい。次に引き分け。負けても得点があればポイントは悪くない。最悪なのがこの負けてゼロ封されてしまうという状態。この0-1は大きい・・・。

2試合目は3時半からなので、一度家に帰る。10時から3時まで5時間、何をするか・・・結局近所の大型量販店に子供用の傘とかショッピングに行く。家でゆっくりお昼ご飯を食べて、その後は各々好き勝手にのんびり過ごす。僕は昼寝。

2試合目の会場は違うところ。パーキングは運よくすぐ近くに見つけることができた。さて試合の内容はと言うと、前半から順調に点を重ねて行って、後半途中には6-0で大量リード。ここでみんなの動きがいつもと少し違ってきた。よく見ると、攻撃を止めてパス回しに専念している。つまりこれ以上得点されないように自分たちでボールを保持している状態。

奥様と「この学年でこういうことをするのはどうかな?」とお互いにちょっと不安になりつつも、監督がそれを支持しているなら選手はそれに従うのみ。あと2分ぐらいで終わるか?というときに、パス回しにミスが出て、相手選手にボールを取られそのままゴールを決められてしまった。そして試合終了。6-1。勝ったはいいが、失点がついたため得られたポイントは少し下がってしまった。

1日目が終了して、一応グループの中では一位だが、ポイントは同点。得失点差でなんとか1位を保っている感じ。明日の対戦相手はかなり強いらしい。どうなることやら・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

3月24日(日)次男のサッカーの大会

今日も次男のスポーツでお出かけ。所属しているサッカーチームが参加する大会でモデストという町まで。家から1時間30分、約150キロの道のり。朝8時に出発し9時半ごろに到着。

会場はかなり広いグランドで、サッカーコートも20面以上あった。到着した時には大渋滞で全然パーキングには行けそうもなかったので、早々に路上駐車をすることに決定。かなりの距離を歩いたけど、会場に近づくほど車は全く動いてなかったので、自分の決断が正しかったと思う。

今回我が家は、折り畳み式のカートを入手したので、折り畳み椅子とか着替えとかありとあらゆる荷物をカートに乗せて移動。これがかなり便利だった。購入して大正解!

10時30分からの第一試合は、一学年上のチームとの対戦だったが、8点差ぐらいの差をつけて楽勝。普段、恥ずかしがり屋で消極的な次男もなんと!2点も入れていた。びっくり!

2試合目は2時からなので、ゆっくりご飯でも・・・と思っていたら、同じクラブチームの一学年上のチームが「人数が足りない!」ということで急遽次男がヘルプに行くことに。僕らと長男はチームの集まっているところで荷物番+のんびりランチ。

後で話を聞いたら、7人制の試合で7人ちょうどしかいなかったので、ほぼ出ずっぱりだったんだとか。おいおい、これからまた2試合もあるけど大丈夫か?

2試合目も一学年上のチームとの対戦だったが、今回はさすがに勝たせてはもらえなかった。5点差ぐらいで負けた。でも、チームの動きは悪くなかったし、次男もボールに固まらず、良い位置にいたので、練習の成果は出ていたと思う。

3試合目は4時半から。今回は同学年のチームだったが、結構互角。見ていてなかなか面白かったが、徐々に次男のチームが点差を広げて最後は5点差ぐらいで勝利。次男もこの試合でまた1点取れたので、一日で3ゴール。一応一日ハットトリックとなった。

5時半に準備ができて家に向けて出発。途中何度か渋滞に巻き込まれるも7時半ごろには家の近所に到着。もうそのまま日系ラーメン屋に行き夕食。久しぶりのお店でのラーメンはおいしかった。

今週末は土日とも次男の都合で外出して、長男にはちょっと申し訳なかったが、あまり文句も言わず、一緒に付き合ってくれて本当に感謝!お疲れ様でした~。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -