So-net無料ブログ作成

12月31日(水) 大晦日、2014年総括

大晦日。例年通り、サンノゼ方面に行って、ミツワ、マルカイ、ニジヤ・マウンテンビュー店と日系スーパー巡り。奥様がお節料理に使える食材の調達のため。

毎年お昼をクパチーノのカレーハウスで食べてからお買い物、というパターンだったが、今年は10時半ごろ出て早めに行動。ミツワは混んでいて車は停められないかな、と思ったら意外とすぐに見つかったので家族で入店。

マルカイは簡単に停められるので、僕ら男3人は公園で遊び、その間に奥様が食材調達+隣のダイソーで小物の調達。

最後はニジヤ・マウンテンビューのフードコートでランチ。ラーメン2丁とカレーライス。子供たち、かなりラーメンを食べていてびっくり。このフードコートにはテレビがあったので、子供たちと僕がテレビを見たりしながら、その間にまた奥様が食材調達。

晩御飯を普通に食べて子供たちを寝かしつけてからは、奥様と紅白鑑賞。今年は地元日本語放送で紅白をやらなかったので、インターネットで。(後で調べたら、地元日本語放送はチャンネル番号が変わっていて我が家では見れなくなっていることが判明、ショック!ちなみに我が家はケーブルではなく地上波です)

2014年を総括すると、色々とあったけど、前半はかなり調子良かったと思う。仕事も家庭も。後半はなんかバタバタしたり、ハプニングもあったりして、あたふたしたけど、終わってみると、なんていうか、「そういうこともあるよな」とか「あの時は大変だったな~」とか、いい感じで振り返れる状態になったかな。人間ってきっと色々なことを乗り越えて、経験値を積んでいくことで、ちょっとぐらいのハプニングに対する「耐性」みたいなのができるのかな、と思う。

2015年はどんなことが待っているのか?何が起こるのか?全く想像がつかないけど、想定外のハプニングが起こっても、「いつかきっといい感じで振り返れるときが来るさ」と思いながら乗り切りたいと思う。そして何かいいことがもしあったとしたら、それは素直に喜んでまた次のいいことのために頑張っていこうと思う。

2014年もこの個人的で何の役にも立たないブログを見ていただいた方々、そしてお世話になった方々へ本当に感謝いたします。ありがとうございました。

12月29日(月) ラスベガス旅行5日目・最終日

ラスベガス最終日はホテルを出ずに、一日中アドベンチャードームで過ごすことに。朝食はドーム近くのベーグル・ショップでコーヒー、ベーグル、ドーナツなどで軽く。その後すぐにドームへ。

今日は今まで我慢していた乗り物に挑戦。子供用の1日フリーパスを2枚購入。まずは小さい観覧車に乗ろうとしたが、親が次男には親が同伴しないといけない、ということで後回し。ぐるぐる回る飛行機、ローラーコースターのような汽車、上下に回るバス、メリーゴーランド。飛行機とメリーゴーランドは空いている状況をみながら2回乗った。

その後4Dシアターと言うところで「スポンジボブ」というアメリカのアニメを3Dで見る。これは僕らも見たかったので、親の分の2枚は単発購入。海の中に入っていくシーンではシャボン玉が出たり、水しぶきが出てきたり結構楽しかった。かなり後半に入場したので、僕と次男、奥様と長男の別々に座る羽目に。次男は「スポンジボブが近くに来て楽しかった」というのに対し、長男はそれが「怖かった~」ということで、かなり前半で3D メガネを外していたんだとか・・・。おいおい。

そしてまだまだ時間があったので、小さな観覧車へ。大人用の1枚を単発購入。大きな観覧車だと常にゆっくり動いていて、動きながら乗り換えができるが、この小さいやつだと8つしかゴンドラがないので、いちいち泊まって前のお客と乗り換え。かなり効率が悪く少し待ったが、僕が一緒に乗って結構楽しかった。

その後は1時間ほどコインゲーム。最後に稼いで稼いで、時々チケット100枚とか出たりして・・・。最終的には856枚のチケットをゲット。このチケットを持って商品交換所に行ったら・・・意外にもあまり良さそうな商品がなくて、長男と次男で「あっちがいい」「こっちがいい」と喧嘩になっていた。最後は親が適当に決めた(笑)。

2時半ごろ終了。ホテルに預けていた荷物を受け取り空港へ。最初にタクシーのところに並んでいたら「どこに行くんだ?空港ならあっちにシャトルがあるぞ」と言われた。聞いてみると一人7ドル。4人で28ドルじゃタクシーと変わらないな、と思ったら「子供は無料でいい!」とのことで14ドル。20ドルを出したら「これはチップとか含んでるか?」と聞かれ「14ドルにチップ6ドルかぁ~」と思ったが、子供の分も無料にしてもらっているし、大きいトランクもあるので、まぁいいか、と。タクシーならもうちょっとかかるだろうし。

さあ出発、と言うときに「どこの航空会社?」と聞かれたので、「バージンアメリカ」と言ったら、「アメリカン?」と聞かれ・・・「あぁまた俺の英語が通じてない・・・」と思ったら、前の座席の人が「バージンアメリカって言ってるわよ」と。奥様に「前の人がわかったんだからいいじゃない」と慰めらる。

まぁそんな感じで順調に空港に到着。空港の日本食ファーストフードで軽くランチ。5時初のフライトは定刻に出発。後半になってかなり急速に高度を落としてきたのか、僕と長男だけかなり耳が痛くなり大変だった。二人ともちょっと鼻が詰まっていたからかもしれない。バージンアメリカは座席の前にテレビがありGoogleマップで現在地を知ることができるが、見ていたら少し遠回りしていたので、到着時間の調整をしていたかも。まぁでもそんなに大きな遅れはなく無事に到着。

家に帰ってからはまたお腹が空いたので、家にあったうどんをみんなで食べて、お風呂に入って就寝。
まぁ色々と試行錯誤はあったけど、思っていた以上に楽しい旅行だった。子供たちは「またラスベガスに行きたーい!」と言っていたので、是非是非また挑戦したい。

12月28日(日) ラスベガス旅行4日目

今日の朝食はホテル内にある・・・・マクドナルド。前日の朝食でレストランのパンケーキを食べたが、出てくるまで時間はかかるし、まぁそれなりにお金もかかるし・・・あれ、マクドナルドにも同じようなのがあったな、ってことで。マクドナルドも混んでいたが、セットもあってオーダーしやすいし、ファーストフードだけあってそれなりに早く出てきたので満足。

朝食後は2日目に行ったエクスカリバー・ホテルへ。そこからトラムに乗ってマンダリンベイホテルへ。トラムの駅からかなり歩いて、ホテル内にある水族館へ。ラスベガスはかなりの砂漠地帯なので水族館というのはかなりインパクトがある。目玉はサメ。

で、案の定、入るまでに長蛇の列。かなり長い。奥様がチケットを買っている間に僕らは列に並び、奥様が戻ってきたら、僕が子供たちとちょっと離れたホテルの大きいスペースで遊ぶ。ただただ長くて広い廊下を・・・走って走って・・・。でも楽しそうだった。

20分ぐらいしてようやく奥様の列が入り口近辺に着たので、近くのベンチまで行っておやつ。そしてその10分後ぐらいにようやく入場。水族館の中はなかなかよい感じで、魚やカメとかだけでなく、トカゲとか蛇とか色々な生物がいて、なかなか楽しかった。またエイやカブトガニを触れる水槽があったり。大きな沈没船を模したガラス張りのところからサメが何匹も見れて、なかなかの迫力。子供たちも満足していた。

水族館を出てすぐ横のフードコートでホットドックのランチ。普段、ファーストフードとかフードコートでは僕ら夫婦はレモネードを二人でシェアするのだが、この旅行で長男次男が「飲みたい!」というので飲ませたら大好きになってしまった・・・。まぁそうやって、子供たちは大人の味を覚えていくんだな・・・。

その次はトラムに乗って、隣のルクソール・ホテルへ。このホテルは14年半前にうちの両親が渡米したときに一緒に来たホテル。当時は僕のアメリカの大学の卒業式を見に来てくれて、その後、ラスベガス、ロス、フェニックスと一緒に旅行した。エジプトのピラミッドを模したホテルで、僕らが泊まった部屋も外側は斜めのガラス張りになっていた。あれから14年半か~。ちょっと干渉に浸る。

そこから歩いてエクスカリバーホテルへ。今日の夕食はショーを見ながらのディナー。そのショーの入り口にコインゲームがあるので、入場するギリギリまでコインゲームで遊ぶ。入場が始まったときに稼いだチケットを景品と交換。交換所がかなりの長い列だったけどなんとかショーの会場に入ることができた。

「トーナメント・オブ・キングス」という中世のヨーロッパの王様たちが中央の乗馬できるフィールドで戦って一番強い人を決める、というもの。各席にはブロックごとに「スペイン」「フランス」「ハンガリー」「ロシア」など応援する席が決まっている。僕らは「ドラゴン」・・・?。ドラゴンは悪役で各王様が戦って最後に勝った王様とこのドラゴンが戦う、というストーリー。

最初はなかなかドラゴンが出てこないので、「いつドラゴン出てくるの~」と何度も聞かれて困ったが最後に出てきて盛り上がったときには、子供たちも楽しそうだった。でも案の定・・・負ける。花火が出たりしてかなり盛り上がったけど。「ドラゴン、強かったのにどうして負けたの~?」「かっこよかったのにね~」などかなり残念そう。でも、それだけショーを楽しんでいた、ってことだからまぁいいか。

ショーの最中に料理が運ばれてくるのだが、中世がテーマなのでフォークとかスプーンとかがなく全部手づかみ。なので子供用にプラスチックのフォークとかナイフとかスプーンを持っていたが、自分たちもなんか食べづらくてフォークとか使ってしまった。味はなかなか。デザートのアップルパイもおいしかった。ビールが飲めたのも嬉しい。

夜、エクスカリバーのホテル前からバスに乗ろうとしたが時間は既に8時ぐらい。20分以上待ってやっとバスが来たが大混雑。なんとか無理やり2階に上がっていき、1区間だけ立って、その後は無事に座ることができた。今日はアドベンチャードームはなし。そのまま部屋に戻ってお風呂に入って就寝。

12月27日(土) ラスベガス旅行3日目

3日目も朝起きてからはホテル内のレストラン。夜はライブハウスになるような、ちょっとロックっぽい・・・それもハードロックって感じのレストランだが、朝食もやっているっていうし・・・。で言ってみるとパンケーキとかフルーツ盛り合わせみたいなのがあって、ウェイトレスもこちらが言う前に「子供用の水は?子供用の鳥皿は?」となかなか子供フレンドリー。でも・・・料理が出てくるまでかなり時間がかなり、子供たちの「お腹が空いた~」合唱が。でも料理が出てきたら、二人とも嬉しそうだった。

今日は、ラスベガスのホテル街中心部からは少し南下した「タウン・スクエア」というショッピング・モールへ。ホテル前から出ているDEUSEはそこまで行かないので、途中でSDXというエクスプレスバスに乗り換え。

このショッピングセンターは中心部に子供が遊べるスペースがある。滑り台、木の上の家。迷路などなど。
http://www.mytownsquarelasvegas.com/shopping-dining-a-entertainment/childrens-park.html

やっぱりラスベガスの中心地はどちらかというと大人向け、もしくは小学上級生向けだし、5歳児ぐらいだと体を動かして遊びたいんだろうな~、ということで。一応調べておいたけど、奥様と相談して行くことに。ついたとたんに子供たちは大喜び。

僕らが調べていた以上に、色々な施設があってびっくり。木の上の家にはケーキ屋を模したお店があったり、迷路もなかなか大きくて、中をずっと走り回っていたし。ミニ劇場があって、なんか知らないけど二人はそこがお気に入り。ステージに上がって適当に歌ったり踊ったり。チケットブースもあるので、「チケット買ってくださ~い」とか(笑)。

奥様と交代で子供たちを見ながら自分たちのショッピング。僕はGAPで以前から欲しかったセーターを買う。60ドルぐらいのものが40ドルに値下げしていて、さらにシーズン終了セールということで半額の20ドル。税金もカリフォルニアより安いのでびっくり。

モール内を走る汽車にも乗れて子供たちも満足。運よく中華系ファーストフードの「パンダ・エキスプレス」があったので久しぶりのアジア料理でランチ。お米を食べられてなんかホッとした。やっぱり日本人だな~。

帰りは途中でベネチアン・ホテルに立ち寄る。ホテル内に運河があり人が乗れるボートが。乗ってもいいかな~と思ったが、これがなかなか高い。確か一人20ドル。子供料金なし。で20分ぐらい。4人で80ドルってどうよ、と。見るだけで終了。

次に向かいのミラージュホテルへ。丁度ホテルの前で火山ショーをやっていたのだが、子供二人は「火が怖~い」だの、「水が飛んできた~」だのへっぴり腰。まぁしょうがないか。ミラージュからとレジャーアイランド・ホテルまでトラムで移動。そこからDEUSEバスに乗って、サーカスサーカスホテルへ戻った。

夕食もホテルで。今日はアメリカン。ハンバーガー、ホットドック、サラダ、サツマイモ・フライなど。僕らは「マルガリータ」とかを飲んだのだが、なんか氷が沢山入っていて、お酒を飲んでいる、っていう感じではなかった。部屋に戻る前にはやっぱりアドベンチャードームのゲームコーナーで少し遊んだ。今日もチケットとぬいぐるみをゲット!

このラスベガス滞在中、結構な距離を歩いていると思うけど、長男も次男もかなり頑張っている。時々「だっこ~」とか言うけど、僕らが疲れて「もう歩いて!」というとすんなり歩く。二人とも成長したな~。

12月26日(金) ラスベガス旅行2日目

朝起きて準備ができたらホテル内のデリでサンドイッチを。3つオーダーしたが、どれも思っていたよりかなり大きく食べ切れなかった。朝ごはんを食べたら、ホテル前のバス停からラスベガス中心地へ。バスはDEUCEという2階建てのバス。3日間乗り放題で20ドルを大人2枚購入。子供は5歳以下は無料だった。

まず最初にエクスカリバーというホテルへ。夕食付のショー「トーナメント・オブ・キングス」のチケットを購入。本当は現地の格安チケット売り場で余ったチケットを半額ぐらい?で購入しようとしたが、無理だったので、2日後の公演チケットを正規料金で。まぁ混んでいる時期だし仕方が無い。

次はちょっと歩いてM&Mチョコレートのお店へ。有名なM&Mのチョコレートのグッズやレーシングカーも展示してあり、子供たちもかなり楽しんでいた。途中でM&Mの着ぐるみが着て、記念写真を撮ろうとしたが、次男は怖がって拒否。結局僕と長男が一緒に撮ってもらう事に。

次はちょっとバスで移動して「パリス」ホテルへ。ここで奥様の友人一家と待ち合わせして、一緒にランチ。MKさん、旦那さんのHKさん、ASくん10歳、KKくん3歳。去年のロス旅行でもAYさん宅で会っているので1年ぶり。HKさんのご両親がラスベガスに住んでいる、ということで毎年年末に来るんだとか。子育ての話とか色々と近況を話せて楽しかった。でも、うちの子供たち、恥ずかしがって「M&Mのチョコ食べる~」とか、持ってきたおもちゃで遊びだして、親としてもかなり恥ずかしかった。次回はもうちょっと社交的になってほしいと思う。

1時間半ほどのランチが終わった後に別れて、べラージオというホテルに行く。ホテル内のクリスマスツリーを見たり、その周りを走っている鉄道模型を見たりする。ホテルを出たら運よくホテル前で1時間に一度やっている火山のショーを見ることができた。かなりの迫力に子供たちはびっくりして「怖かった~」とビビッていた。

べラージオ・ホテルからはトラム(小型電車)に乗ってモンテカルロ・ホテルへ。ラスベガスはホテル間を走るトラムがいくつかあるので、普段電車に乗る機会が全く無い子供たちも大喜び。

モンテカルロからはまた2階建てのバスに乗って自分たちのホテルに戻る。夕食はホテル内のメキシカン・レストラン。一般のレストランでオーダーして料理が来るまで待つ、というよりはファーストフードですぐに食べられるほうが子供たちは喜ぶので、このメキシカンもちょっとファーストフードっぽい。でもビールもあるので、大人でもOK!

夕食後はやっぱりアドベンチャードームの25セントゲームコーナーへ。今回は日本のお祭りでよくある出店のゲームみたいなものに挑戦。勝つと小さなぬいぐるみが貰えて、子供たちも大喜び。

そんなこんなで2日目終了。

12月25日(木) クリスマス、そしてラスベガス旅行

前日、子供たちが寝る前に、暖炉の脇にミルクとクッキーを子供たちに置かせた。サンタさんに食べてもらうために。そして子供たちが寝た後にクリスマスツリーの下にプレゼントを置いた。いろいろな人たちからもらったプレゼントと共に。

そしてクリスマスの朝。子供たちは起きたら真っ先に階段を駆け下りて、プレゼントを見つける。とても嬉しそうだ。今年もプレゼントはレゴ。何度かおもちゃ屋に行って、「サンタさんに何をお願いするの?」と聞くといつでも「レゴ!」と答えるので確定。おかげさまでちゃんと大喜びしてくれた。

そして今日は午後から4泊5日のラスベガス旅行へ出発。2週間の長い冬休み。どうしようかと迷ったが、Expediaという旅行ウェブサイトで2週間ほど調べていたら、ラスベガスの4泊5日の旅行プランが飛行機代+ホテル代も含んでかなり安い金額で出ていたので即決。ラスベガスは僕は14年ぶり。奥様も8年ぶりぐらいということで、どうなるかわからなかったけど、風の噂では「ギャンブルだけじゃなく、子連れファミリーでも楽しめるところが多い」ということで。

今回のフライトは初めて乗るバージンアメリカ。イギリスのバージンアトランティック航空のアメリカ国内格安航空会社。

いつもお願いしているタクシーでサンフランシスコ空港へ。2時45分のフライトだけど、ランチを空港で食べるために12時45分にタクシーをお願いする。でもいつも通り10分ぐらい前にはうちに到着。1時前に空港に到着しチェックインもすぐに終了。セキュリティもそれほど混んでなかったので、スムーズにターミナルへ。

このターミナル2は10年以上前は国際線のターミナルだったが、現在の新しい国際線ターミナルができてから10年以上工事中で2年ぐらい前に新装オープン。現在はアメリカン航空とバージンアメリカが就航している。実は初めての海外旅行がサンフランシスコ経由メキシコ行きで、日本以外で最初に降り立ったのがこのターミナル。久しぶりに着たけど、改めてなんだか感慨深い感じになった。

さてさて、フライトは定刻に出発。機材はA320。バージンアメリカは赤と紫がイメージカラーだが、機内のライトも赤と紫でちょっとびっくり。離陸前の安全案内でもテレビで今時のダンス音楽に合わせてダンサーやモデルがご案内。すごく若者向けって感じ。でも、他の航空会社との差別化ですごく頑張っているな、という印象がした。

フライトはラスベガス近郊が寒くて風があり、着陸前に少し揺れたが、長男も次男も気分が悪くなることなく無事に到着。空港からホテルに行く時にタクシーを使ったのだが、夕方の大渋滞にかかり、ガイドブックでは20~30ドル、と書かれていたが、30分以上かかった上にチップも含めて50ドルもかかった。自宅~サンフランシスコ空港よりも高い!まぁ仕方ないか。

今回のホテルは「サーカス・サーカス」。ラスベガスの有名ホテル群からは少し離れるのだが、ホテルの裏側に「アドベンチャードーム」という子供が遊べる小規模の遊園地があるのでここに決定。他のほとんどのホテルが大人向けなのに対して、ここは珍しく子供向け。無料のサーカスショーも1時間に1回ぐらい開催される。

ホテルの部屋にチェックインして荷物を置いてからは、丁度夕食の時間だったので、ホテル内の食べ放題バフェへ。まだ6時半ぐらいなのにすでにすごく混んでいる。が、なんとか席を確保。とにかくお腹が空いている子供たちに何かすぐに食べさせられるもの、とパンやクッキーや果物を取ってきたら、そればっかり食べちゃって、後から持ってきたパスタとか肉とかはあまり食べず。う~ん、失敗。まぁ旅行だからいいか。

夕食を食べた後は早速アドベンチャードームへ。乗り物もたくさんあるが、そういうものは最終日に乗ることにしてコインゲームコーナーへ。大体25セントでできるアーケードゲームでルーレットとかやる。結果に応じてチケットが2枚とか10枚とか出てくるので、二人ともすごく楽しめたようだ。かなり遊んでも10ドルぐらいしかかからないので経済的にもやさしい!

十分に遊んだ後は部屋に戻ってお風呂に入って1日目終了。

12月24日(水) 実は腰痛になっていた

土曜日の朝、子供たちとプラレールで遊んでいたら急に腰が痛くなった。ちょっとヤバイかな、と思い、土曜日はずっと家で静養。午後はほぼずっと寝ていた。奥様は子供たちを連れてショッピングへ。本当に申し訳ない。

日曜日になって少しは収まったような感じはするがまだ体勢によっては痛い。お昼に長男の友達のお誕生日会があったのに、一緒に行くことができずに家で静養。ずっと寝ていた。夜はロスから奥様の親友が来たので腰にコルセットをして参加。まぁあまり動かないで大人しく飲んでいたのでなんとかなった。

月曜日、毎月2回行っているカイロプラクティックへ行くことに。金曜に行ったばかりだが緊急なので。1時半に目医者の予約が入っているので、12時半の予約を入れてもらう。診てもらったらやっぱり腰の一部分が凝り固まっていて、少し炎症も起こしているらしい。急性の腰痛をすべてひっくるめて「ぎっくり腰」というらしいが、そういう場合は大抵痛みのある部分が炎症を起こしているので、すぐに冷やしたほうがいいらしい。

火曜日、会社のグループランチの後はそのまま帰宅してカイロプラクティック。僕のお世話になっているカイロはサンノゼとサンマテオの両方にオフィスがあるので、今日はサンマテオ。

水曜日もカイロ。クリスマスイブだが、幸運にも診察しているというので行く。実は以前も3~4回、同じような状況になったが、毎回集中して連日治療してもらうと大体1週間で良くなる。「別に見てもらわなくても1週間で良くなるかも」と思って、以前2週間ぐらい我慢していたけど、全然痛みが消えなかったので、カイロに行ったらやっぱり1週間でかなり改善した。

この3日間集中治療のお陰で25日からの4泊5日の旅行を無事に乗り切ることができた。

12月23日(火) 仕事納め

今日で今年の仕事は終了。明日から1月4日まで僕の会社は公式に「年末年始休暇(Year-End_Shutdown)」になる。アメリカの会社って結構な数が年末は12月25日と1月1日だけ休みであとは通常営業というところが多い。そういう会社で「すみませ~ん。年末休みまーす」と言うよりはこうして公式に休みになるほうが、堂々と年末年始を楽しめるので嬉しい。

うちのグループは50人ぐらいいるのかな?ほとんどが中国人・台湾人なので、公式言語は中国語。あまり英語を話す人がいないので、あまり気が進まなかったが、仕事はもう忙しくないし、行かない理由もないし・・・ということで、グループの仕事納めランチに参加。

ホントに仕事、やることがないので自宅を11時半に出発。レストランには12時丁度に到着。運よく副マネージャーの隣に座ることができたので、仕事の話とかプライベートの話とかできてまぁまぁ楽しかった。1時半に終了後はすぐに帰宅。

来年も仕事、頑張ります。

12月22日(金) 目医者

歯医者の次は目医者。ここも半年に1回。2010年5月からだから4年半も通っている。最初の1年ぐらいは「ちょっと眼圧が高いほうだ」と言われたが、その後は順調に標準的な数値を保っている。1時間ぐらいで終了。仕事も特に忙しくないので、そのまま帰宅。目医者はまた半年後。

12月21日(日) 奥様の親友がロスから来て喜作で忘年会

奥様の親友のAYさん、旦那さんのMKさん、DS8歳、RN6歳、CD1歳半がロスから遊びに来た。毎年、サクラメント近郊のMKさんの親戚の家に行くため、このクリスマス前にベイエリアに寄ってくれる。一度うちに寄ってくれて、少し話をした後に6時にいつもの喜作へ。

今回は、去年も参加してくれた、奥様とAYさんの元同僚のTMちゃん一家(CHRちゃん2歳)と、これまた奥様、AYさん、TMちゃんの共通の友人のTKさん一家(Mちゃん11歳、Aくん10歳、Kくん2歳半)も参加。大人8名、子供9名とこの少子化時代には珍しく子供の方が多い集まりとなった。

みんな1年ぶり、もしくはそれ以上ぶりなので話が色々と弾む。子育ての話題でも盛り上がるし、会社とかまぁ本当に共通点が多い。子供たちも一緒に遊んだりして楽しそうだった。

遠くから来ている人たちもいたので8時半ぐらいには終了。また来年、会えればいいな。