So-net無料ブログ作成
検索選択

数年ぶりに二人だけでディナー

先週、奥様が「市のリクリエーションセンターで5時半から8時半までの3時間をベビーシッティングしてくれるらしい。」という情報を入手。子供二人で50ドル。お願いすることに。このクラスには他にもYTBちゃん、HNNちゃんという次男と同い年の日本人の子が参加。送りに行ったら、4人で仲良く遊んでいて、こっちが何も言わないのに「ばいばーい」と言われた。HNNちゃんだけはちょっとさびしかったみたいだけど。。。

で、数年ぶりに夫婦だけでディナーに行く。今回はサンマテオダウンタウンのボンベイガーデンというインド料理。子供がいたら絶対にいけない場所。でも、近くのセントラルパークでイベントがあったらしく、駐車場はすごく混んでいるのに、このインドレストランはガラガラ。ちょっと心配になる。いや、でもYELPの評判は良かったはずだ。

アペタイザーと2種類のカレーを頼む。ほうれん草系のベジタブルカレーとタンドリ・チキン。どちらも結構おいしくて大満足。せっかくなのでインドのビールも中ビン2本を夫婦でシェア。

食べ終わってからも少し時間があったので、ゆっくりと子育ての話とか色々な話ができた。話をしながら、「そういえば、子供が生まれる前のデートとかでも色々な話題が出て話が尽きなかったな~」「最近はお互いに忙しくて中々話ができてなかったな~」とか色々と考えてしまった。

食事が終わってもまだ時間があったので、ちょっとセントラルパークの方へお散歩。とってもにぎわってる。ダウンタウンのレストランもこのイベントに出展してるし。。。で、ステージを見ていたら、「どーもありがとー」とか言っていて、「あれ?もうすぐ終わる?だとしたら帰りの車、混雑するかも!?」ということでそそくさと退散。そのままリクリエーションセンターへ。

ドアの小窓から見ていたら、日本人4人の子供たち、固まって何かして遊んでいた。なんか結束力が固い。お~、小さいながら頑張ってるなぁ~。YTBちゃん夫妻、HNNちゃんママが到着したので、みんなで入室。子供たち、とても嬉しそうに走ってきた。

テレビ見てたよ~。とか、これを作ったよ~、とか。YTBちゃんがトイレに行きたい、っていうから場所を教えてあげた~。とか。なんか子供たちが一回り大きくなったような気がした。

また今度10月にあるらしいから、機会があればまた預けてみたい。そのときはどこのレストランに行こうかなぁ~。

新車購入

以前、「車が壊れかけているのでミニバンを買う予定。」という日記を書いたが(7月12日)、とうとう新車のミニバンを購入した。

前回ディーラーに行ってから、新車購入のプロセスが日本とは全く違うということに驚愕+落胆して方針が全く見えなくなり、奥様と冷静に毎日色々と考えていた。

何が違うとかというと、まず日本では「新車がほしい」と思ったらディーラーに行って、試乗させてもらって、いいな、と思ったら、色とかオプションとか希望を言えば、あとは数週間後に納車。という感じだと思うけど、カリフォルニアでは新車も中古車同様、ディーラーの敷地内にある在庫を見て、いいなと思えばその場で買うだけ。希望の色とかがなければ、「姉妹店に聞いてみる」とか最悪「うちにはない。」で終わったり・・・。で、希望の車種・色があれば、価格を教えてくれるけど、(48時間以内に決めろ)と。それ以上たったら見積もりやり直し、という。即断即決を求めれれる。そのプレッシャーに僕ら夫婦は「なんだかな~」とテンションが下がってしまった。

さて以前の日記で出ていたA社とB社。個人的にはA社の外観のデザインとか好きだったけど、今回はB社に絞った。理由は、A社よりB社の方が燃費がとても良い。フロントパネルのオーディオのところにタッチパネルディスプレイがあり、これがかなり魅力的。A社もまぁ機会があれば試乗してもいいかな、と思ったけど結局その機会はなかった。

さて時は7月25日(金)、B社のディーラーから電話があり。このディーラーでは、僕ら夫婦のお気に入りの色のミニバンがあり試乗もして、いいねぇ~、と言っていたけど、結局即決できず、帰宅。その2時間後に来たお客さんに買われていった。

そんな事情も知っているので、そのディーラー、電話では「まだ探してる?前回の希望の色の車はまだないんだけど、同じような色でちょっと薄い色のなら実は1,2週間後に運ばれてくるけど、どうする?」と言われ・・・奥様と相談。

で、「あ~、そういう選択肢もあるか!」ということで購入を決定。一応、土曜日に家族でディーラーに行って、仮予約をする。そして日曜日の夜、「届いたよ』と言われ、「月曜は忙しいから火曜日に」ということで今日、契約をしに行くことになった。

アメリカに来て車を購入するのは5台目。

1) Ford Taurus 1992 白 駐在から個人売買 1997年7月に購入。2003年11月に廃車
2) Dodge Intrepid 2003 シルバー ディラーから 2003年11月に購入。2010年7月に売る
3) Nissan Sentra 2005 青 ディラーから 2007年11月に購入。今回下取りに出す
4) 某社4ドアセダン グレー ディラーから2010年7月に購入。現在も使用中
5) そして今回。

5台中4台はディーラーから。最初の個人売買で書類手続きがかなり面倒だったので、「次はもうディーラーだな」ということで。でも、ディラーから購入するのってとても大変。

まぁ値段交渉も大変だけど、頑張っても数百ドルしか値下げできないし、もっとやろうと思っても時間ばっかりかかるのであまり好きじゃない。でも、一番の難関は「ワランティ(保証期間)の延長パッケージ」の押し売りからどう逃げるか、じゃないだろうか。

過去の購入では2)のIntrepidのときに1時間以上、その説明をされて、それを買わないと売らないし、帰さないぞ!ぐらいの勢いで売りつけてくる。当時はそれを3000ドルで売りつけようとしていた。結局、代わりに300ドルのセキュリティシステムを付ける、ということで納得してもらった。

さて今回もパッケージの売りつけ。新車なのに・・・。
「3年間は保証がついてるんだろ?」と聞くと、
「車が壊れ始めるのは3年以降だ」。
「でも今までの車、中古で買っても特に大きな修理は必要なかった」
「それはセダンだからだ。ミニバンは横のスライドドアとか色々なところに電気制御がついていて、壊れる箇所が多い。今、すぐそこの修理工場に行けばほとんどがミニバンだそ」
「お前のとこはそんな品質悪い車を売るのか?」
「そういうことじゃない。車なんて走っていれば壊れるだろ」
最終的には
「自分は要らない、って言ったらいらない。この話はエンドだ。次のステップは何だ。次にいけ!」

と言って無理やり終了。それでも「本当にいらないのか?」「つけたほうがいいのに」とかブツブツいうので。「I am saying I don’t need it. (要らないって言ってるだろ!)」とダメ押し。

その後は、かなり険悪なムードで書類手続き終了。最後の握手もなく、ハイ、さよなら。

あ~あ、ディーラーで車を買うのって本当に嫌だな・・・・・。

ちなみに、下取りに出したNissanセントラは、ラッキーなことに、今まで良く着いていたエンジンチェックランプは消えていた。が、脇にたくさんの傷があり、これが原因で評価がかなり下がった。ケリーブルーブックという中古車価格の参考ウェブサイトで調べた額よりも低かった。この傷はうちの狭いガレージでお互いの車のドアをぶつけ合ったから。まぁ仕方がない。きっと他のところに持っていっても数百ドルしか変わらないだろうし、そこまで時間を掛けたくないので諦める。

10時15分に行って、すべてが終わったのは12時半。そこから会社に行って、ランチを食べながら仕事をして、4時には退社。そのまま自動車保険オフィスに行って保険登録の変更をしてもらった。

あ~、ほんとに一日仕事。この車、10年ぐらい乗って乗りつぶしたい。

PTとIBが遊びに来た

今日は午前中はサッカー。いつものサッカー教室が数週間の夏休みの後、先週から始まった。が、先週はキャンプのためお休み。なのでうちの子供たちは今週から参加。今日は午後から長男の友達のPTとIBが来るので、奥様はおもてなし料理の準備。そのため僕が二人を連れて参加。

もうここ最近は二人で頑張って参加するので、僕はYMくんのご両親と一緒に談笑。かなり楽チンだ。サッカーが終わってからは、YMくんが一緒に遊びたい、というので30分ほど一緒に遊び、その後は次男坊を寝かせるためにちょっとドライブ

家に帰ってきてランチをしてから、4時頃PTとIBが到着。PTとIBは男の子の兄弟でチェコ出身。3年ほど前に家族でチェコからベイエリアに引越しをしてきた。うちの長男とPTが同い年で6月まで同じプレスクールの同級生でとても仲の良かった親友同士。そのため、我が家とも家族ぐるみでお付き合い。

以前3月半ばにPTとIBのうちへ招待してもらったので、今回はそのお礼というか・・・プレスクールとも卒業しちゃったし、どんどん会える機会がなくなるしせっかくなので、と我が家へご招待。

4月に日本に行った時にお土産にプラレールのTシャツを送ったが、今回は「プラレールとはこれだよ」と見せることができたり、長男の誕生日祝いにもらったレゴ・ブロックを長男が見事に完成させたので、お礼に見せてあげたり。

またうちのタウンハウスの共通エリアの芝生の広場で、空気打ち上げロケットやお絵かきチョークで遊んだり、かくれんぼをしたり・・・。PTとIBのお父さんは、僕よりもファミリーパパで子供と遊ぶのがうまいので勉強になる。

今回も僕のリクエストでミニ焼き鳥パーティ。子供たちはうずらの卵とかソーセージとかたまねぎとかも沢山食べてくれたのでよかった。話によると、やっぱりベイエリアにはチェコ料理が作れる食材があまり手に入らないので、なかなか難しいとのこと。でも今度、ご馳走してくれる、と言ってくれた。とっても楽しみ。

子供たちが8時には寝る、ということで7時半にお開き。とても楽しい一日になった。PTとIBとはこれからも学校が違ってしまうけど、またこうして時々会えたらいいな、と思う。

初キャンプ2日目+桃狩り

朝6時半。まずは次男が起きる。「おトイレ~」

足の先までカバーしているつなぎのパジャマのため靴が履けず。抱っこをしてトイレまで連れて行く。眠いし重いし・・・。で、テントに戻ってきたら、長男も起きていて、「おトイレ~」・・・はぁ。長男はおんぶをしてトイレに連れて行く。

その時点でもううちの子たち二人、目がパッチリ。遊びたい~!と騒ぐので、二人を着替えさせて、僕も着替えて、3人でお散歩。他のグループのテントを見たり、遠くに牧場が見え、馬が5頭ぐらい見えたので、それを見ていたり。ごみ捨ての手伝いをさせたり。ちょっと山道を入ってみたり。まぁなかなか子供たちは楽しい朝の散歩ができたみたい。

そうこうしているうちに、みんな起き出したので、朝ごはんの準備。朝ごはんもKIDさん、AKKさん、MRさんがパンケーキを焼いてくれたり、ソーセージを焼いてくれたり・・。とてもおいしかった。その後、みんなが片付けなどをしている間に・・・また僕は子供たちと遊ぶ。

一通り片づけが終わって一休み。そしてテントの片付けなどをしていたら、チェックアウトの12時に近くになっていてビックリ!周りのサイトでは一番最後の出発になってしまった。

取りあえず、走り出してキャンプ場を脱出。そろそろ1時ぐらいなので、サブウェイでサンドイッチを食べる。なんかこのキャンプで、長男、次男、HRKちゃんの仲が良くなったのか、3人で同じ席で食べていた。

お昼ごはんが終わったら、そのままBrendwoodという町へ桃狩りへ。実は僕、フルーツ狩りもアメリカでは初めて。もちろん、子供たちも。モントレーとか行く途中でよく「いちご狩り・やってます」みたいな看板はあったけど、「将来、子供ができてからだなぁ~」とか思っていたのに・・・そういう時期になったんだな~。

桃とプラムを取ることができたが所詮素人。どれがおいしい物かまったく見当つかず。子供たちは、好き放題取ろうとするので、散々注意して・・・。でも、試食としていくつか取ったやつを食べさせたりしたら落ち着いた。お~、桃狩り、なかなか楽しい!

1時間ほどで終了。僕も朝早起きしたし、KIDさん家もKIDさんがちょっとコーヒーを飲んで休憩したい、ということなので、ここでお別れ。帰りは奥様が運転してくれたので、僕はゆっくりとしながら家までの1時間のドライブを・・・結局、子供たちにワイワイ言われ、「(ディズニー映画の)カーズ2クイズ」、だのやりながら・・・にぎやかに帰りました。

帰宅後は疲れちゃったので、ピザハットでいつものSpremePizzaを。2ドルほど値段が上がっていたのでビックリ。まぁそんなことどうでもいいか。

今回のキャンプ。色々と教わりながら、と思ったけど、すごく至れりつくせり。でも、諸先輩方がテキパキとこなしているのを見ながら、自分でやるときのイメージができて、とても勉強になった。次回、KIDさん家と一緒に行くことがあれば、もっと色々と役に立てるかなぁ~、と思うけど・・・。僕が今回担当した「子供の相手」が僕の一番適した任務か?(笑)。

キャンプの一番の良さって何かな、って思ったら、やっぱり何もないところに自分たちが生活する基盤(テント)を作り、野外でご飯を作って食べて・・・で、次の朝起きたら、そこが外だった!っていうのがいいのかな、って思った。毎日キッチンで料理を作ったり、ベッドで寝るのも良いんだけど、ちょっと違った生活を味わいたい、っていう。。。本当に良い経験+家族で楽しめる良い趣味ができたかな、と思う。

KIDさん、AKKさん、MRさん、本当にどうもありがとー!

初キャンプ1日目

我が家で初のキャンプの初日。今回のキャンプのために、テント、寝袋4つ。エアベッド2つ。エアベッド用ポンプ、折りたたみ椅子4つ、ランタン、ヘッドライトなどを購入。まぁまぁの初期投資だけど、これから何回も行くと思えば、それほど高くはない、と思う。

まず10時に今回のキャンプの先生、KIDさん宅へ訪問。子供と奥様を降ろして、僕とKIDさんが僕の家に戻り荷物の積み込み。我が家の4ドアセダンではあまり荷物が入らないので。KIDさんには、テントとクーラーボックスをお願いした。

奥様たち+MRさんは下ごしらえ。おにぎりや焼肉用の食材を切ったり、色々と準備をしてくれました。KIDさんは荷物の整理や積み込み。僕は。。。子供の遊び相手をしてました。

下ごしらえが終わったら、奥様たちがランチも作ってくれたので、みんなで食べる。お腹も満たされてからいざ出発。

今回のキャンプ場は、Del Valle Regional Parkというリバモアの山の中にあるキャンプ場。

http://www.ebparks.org/parks/del_valle

車で大体1時間ぐらい。3時ごろ到着してからテントを設営。うちのはインスタント・テントと呼ばれる、折り畳み傘みたいな広げて骨組みも立てていくと勝手にできちゃう優れもの。少し休んでから、近くの湖に泳ぎに行く。
WestBeachは車で5分ぐらいですぐに到着。リバモアはベイエリアからはかなり内陸部に入っているので、僕らの住む町よりは結構暑い。スイミングにはとっても良い気候。

KIDさんところのHRKちゃんは腕と胸につけるライフベストを着けたら自分で好きなように泳げるのでびっくり。うちの子たち、怖がってなかなか泳げない。僕らは浮き輪を持っていったが、このビーチでは週末は浮き輪は不可能、とのことで、無料で子供用のライフベストを借りる。長男、次男も結構気にいっていた。僕、KIDさん、KIDさん奥様のAKKさん、そして子供たち3人で手をつないでグルグル回ったり、とてもおもしろかった。

5時ごろ、ちょっと寒くなってきたのでテントに戻る。そしてKIDさん先導で炭に火をつけてBBQの準備開始。奥様方+MRさんも食事の準備。僕は子供二人をシャワーに連れて行って・・・またまた子供たちと一緒に遊ぶ。なんかここ最近、こういう役柄が多いな・・・(笑)。

6時ごろ、BBQ+宴会スタート。子供たちはソーセージにとうもろこし、焼きおにぎりなど堪能。大人はビールにワインに、牛タンにカルビ、特製ダレに一晩つけた鶏肉などなど。AKKさんたちがすごく色々な準備をしてくれたおかげで、とっても豪華な食卓になった。

9時半ごろになってやっと辺りが暗くなったので、各テントで子供たちの寝かしつけ。それぞれのママが担当したので、KIDさんと仕事の話とか世間話を。ママたちが戻ってきてからは、まぁ他愛のない話をしながら飲む。KIDさん、途中で椅子に座りながら寝てしまい、かなり疲れている様子だった。今回のキャンプの準備や色々とありがとうございました。

12時になって、お開き。外でゆっくり、酒を飲みながら話したりするってやっぱりいいなぁ

ミュージック・フェスティバル

今日はちょっと早めに会社を退社して、子供たちのスイミング教室へ同行。奥様が前回連れて行ったときに、「先生の対応がちょっと子供たちに合ってない感じがする。一緒に見て欲しい」ということで。

今日は先生一人にうちの兄弟二人だけ。。。。なんとかやっていた。先生も前回よりはやさしい、と奥様談。でも、次男はやっぱり泣いちゃって、2回もおトイレへ。まぁでも僕が見ている限り、そんなに厳しい、って訳でもないし、まだ3回目だからもうちょっと様子を見てもいいなぁ~という感じだった。

さて、家に帰ってきてから、少しだけ仕事をしてからは家族でイベントへ。僕らの住んでいる市の中央にあるメインの公園で、夏の間だけ毎週金曜日の夕方にライブ・コンサートをやるらしい。今年初めて知った。で、せっかくだから言ってみることに。

今日はヒューイ・ルイスのコピーバンド。6時半ぐらいに行ってみたらもう既に大混雑。キャンプ用の椅子を持ってきて座っている人とかも多数。でも階段は空いているので会場内を移動するのは容易。

ステージの前に少しスペースがあり、ここは子供たちや大人がちょっと踊ったりしているので、そこまで行ってみる。初めて間近で見る生バンドにちょっとびっくりしたのか、キョトーンと見ているうちの子供たち。

「踊ろうよ」と言っても「いい、パパのひざにすわってる~」

と言って二人ともしゃがんだ僕の膝にお座り。でも、バンドの演奏をじーっと見ていた。僕が小さいころなんて、こんなのを見る機会なんてなかったから、子供たちも音楽とかバンドとかに興味を持ってくれるといいけど・・・。

会場では、ホットドッグやハンバーガー、ポップコーン、さらにビールやワインも売っていて至れり尽くせり。結局ステージの見える場所ではなかったけど、近くの芝生で音楽を聞きながらゆっくり食べて、7時半ごろ帰宅。
また次回、何か面白そうなバンドが来たら行きたいと思う。

KZHRくんちへ

今日は夕方にKZHRくんちへ。KZHRくんパパのKJMさんが奥様をMNO(ママズ・ナイト・アウト:ママだけで夜におでかけする)に連れて出してあげたい、ということで・・・じゃぁパパ・息子はおうちで一緒に遊びましょう、となった。

KZHRくんちへは夕方5時半ごろ到着。KZHRくんママのCAKさんが、手作りポテトフライを作ってくれて、またKJMさんがピザやチキンウィングなどを入手してくださり、とても豪華な夕食になった。

KZHRくんの弟のNOYKくんは2歳2ヶ月。今回がママから離れてのお留守番が初めて。最初の45分ぐらいはずーっと泣いていて、「おかあしゃーん」といいながらベッドルームにCAKさんを探しに行ったり。。。KJMさんが「ポテトフライ食べる?」と聞いても「いらにゃい」と言っていた。まぁ初めてだとそんなのは普通だし、KJMさんも二人目なので、適当にほったらかしにしているのは、さすが!って感じだった。

うちの次男坊が「おなかすいた~」と食べ物をもらいに来たら、長男コンビもやってきて、それにつられてNOYKくんも合流。みんなでポテトフライを食べて、ピザを食べて、もりもりしていたら、NOYKくんの機嫌も良くなって、食べ終わった後はまたみんなで遊びだした。

「基地をつくっているんだ~」と4人して色々なおもちゃをベッドルームに持っていくのを見ながら、「小さいころ、作りましたよね~」なんてパパたちはビールを飲みながら話をしていて・・・なんか静かだな。。。。

見に行ってみると、ベッドルームがおもちゃで散乱していて・・・

「ここに地震が来ましたか?」

っていう状態だった(涙)。

ちょっとした静寂の後・・

「お~い!!片付けろぉ!」

はい、みんなでお片づけ。結構大変だったが、みんな頑張ったので、フルーツタイム。うちの奥様が用意してくれたが全然足りず。KJMさんが追加で出してくれました。どうもすみませんでした(涙)。

その後は、何度か紆余曲折、それぞれがプチ兄弟げんかをしたりしながら、最後はパパも交じって一緒にミニカーで遊び、9時になったのでお開き。車で5分なので家に着いてからは、即お風呂に入って10時ごろ就寝。
かなり楽しかったので、また次回やりたいですね。KJMさんお世話になりました。

カーディーラーへ

早速カーディーラーへ。

奥様と相談して、一応A社かB社のミニバンしかないだろう、ということでそのディーラーをそれぞれ1件づつ。

1件目は日本人がいるA社。前日にメールを送っていたのだが、何時に行く、とかは伝えてなくていきなり行ったのが悪かったのか、全く対応してくれなくて、変な髪形の若造が案内してくれた。かなり歩いて車が何十台も置いてあるところに行き見せてもらったが、若造くんのやる気のない対応と日本人のセールスマンが全く対応しなかったので、「ここでは買わないな」と。

2件目はB社。とても敷地の狭いディーラーで希望のミニバンは数台しか止まっていなかった。でも兄ちゃんはそれなりにやる気があり、色々と説明してくれたが・・・在庫のこととかの質問にはあまり答えられてなかった。ディーラーのセールスマンってこんなだったっけ?

2件回ってみて・・・なんかミニバン購入、山アリ谷アリの予感・・・。

車の故障2+男塾4回目

朝、エンジンをかけたら普通に走り、ギアもちゃんと変速する。あれれ?前日までついていたエンジンチェックランプもちゃんと消えていた。でも、ディーラーには修理の予約をしていたので、一応持っていくことに。

奥様に電話して迎えに来てもらい、今日は家から仕事。お昼ごろ子供たちが家に帰ってきて僕がいたので、なんか嬉しそうだった。午後、ディーラーから電話あり。

「ギアが変速しない理由はわからなかったけど、トランスミッションは問題ない。でも、エンジン系を色々とチェックしたら、この車、色々なところが痛んでいるから治したほうがいい箇所がある。1700ドル(17万円)ぐらいかかるけどどうする?」

他にも、エンジンのベルトにヒビが入っている、だの、タイヤが磨り減っている、だの、ブレーキパッドが磨り減っている、だの言いたい放題言われた。

1700ドルもかかるなら、もう治さないことに決定。一応走るので、夕方、奥様に連れて行ってもらって車を引き取りに。検査代100ドル。まぁ100ドルの割にはいいレポートを書いてくれた。

ここ1年ぐらい、奥様と話しながら、「今度買うならミニバンだね」ということで、早速ミニバン購入を始めることにした。どうなることやら。。。

夕方は男塾に参加。前回が5月初旬だったので、ほぼ2ヶ月ぶり。今回はKokkoにて。前回参加できなかったCJさんは今回は急病で欠席。とっても残念でした。久しぶりの開催だったので、みんなして色々な話題があり、とても盛り上がった。やっぱりこうして気軽に話ができる友人がいるのはいいことだ。

5人中3人は新車購入経験があるので、注意点とか意見とか色々と聞けてとても参考になった。これからのミニバン購入の参考にしたいと思う。

車の故障1

夕方、帰宅のときに、会社の駐車場からエンジンをかけて走り出したら、少し重い感じがした。が、走り出すと普通。大丈夫かなぁ~、と思いながら高速道路を走っていたら、スピードを出してもエンジン回転数が下がらない。むむむ、色々とやっていて、オートマのギアが2速で固定されていてギアチェンジしないことが判明。

渋滞の中はなんとかなったが、高速走行できるところでは、2速のまま加速して、ギアをニュートラルにして惰性で走り・・・の繰り返し。

なんとかエンジンのオーバーヒートもせずに無事に帰宅。明日はディーラーに持っていかないと・・。