So-net無料ブログ作成

仕事復帰

これ書いているのは5月15日・・・まだ半月分の遅れが~。

先日、「まだ日本にいるんですか?」と友人からメールで言われたけど、日本にいる間はブログの更新ができなかったので、アメリカに戻ってきてからまとめて書いてます。

4月28日の日記です。今日から休暇明けの職場復帰。

仕事のメールは旅行中も時々チェックしていたので、まぁどんな状況かはなんとなくわかっていたから別段焦ることはなかったけど、自分自身が休暇前に何をしていたか?とか半導体設計に関しての「勘」みたいなのがすっかり抜けてしまったので、今日は一日その回復に努める、みたいな感じだった。

おみやげには奥様が用意してくれたミルフィーユを持っていったが、好評だったので良かった。コテコテの日本のものでもいいけど、好き嫌いもあるだろうし。まぁ無難なもので。

日本の人に比べたら長い長い休みを満喫したので、仕事、頑張ります!

長男とラーメン食べに行く

今日は次男が奥様と「お友達の誕生日会に行ってくる」ということで、長男とお留守番。

どこか公園でも連れて行ってあげようか、と思ったが、「家で遊ぶ~」というので、時々一緒に遊んだり、時々別々に好きなことをしたり・・・。そうこうしているうちに1時過ぎになり、「お腹空いてない?」と聞くと「空いた~」というので、二人でラーメン屋へ。

いつも行きたいな~、と思いつつなかなか行けなかった、サンマテオ・ダウンタウンの「味千ラーメン」へ。行ってみると1時半なのに数人待ってる?!すげー。じゃぁ1ブロック隣の「ひまわりラーメン」は?行ってみたら外まで人が待っていた。長男にブツブツ言われるも「味千ラーメン」に戻る。すると待ち人なし。5分ぐらい待ってすぐに入れた。

ここは噂通り、子連れに優しくテーブルとテーブルの間が広い。メニューのすべてにカラーの写真がついていて見やすい。さすが!長男は見栄えのいい「コーンラーメン」がいい、と言っていたが、「キッズメニュー」に「ヤクルト」がついているよ、と教えてあげたら即変更した。

ラーメンは熊本とんこつ・・・らしいが、結構僕の好きな味付けでこれならまた来てもいいかな、と思う良い感じのラーメンだった。居酒屋っぽいメニューもあるので夜に飲みにも期待が・・・。なーんせ混んでるからなぁ。そして男塾をやるにも閉店が希望よりも早い。。。無理か。

二人で十分食べてそのまま帰宅したら、奥様と次男も帰宅していた。やっぱり大人1人で子供1人の面倒を見るのはかなり楽だな~。

一時帰国・お買い物、そしてアメリカへ戻る

今日は最終日。全然お買い物ができてなかったので、午前中からお買い物へ出発。電車に乗って駅2つ。まずは電気屋。奥様も美容系電化製品が必要らしく、僕も19年ぐらい使った電気髭剃りを買い換えたかったので。あとユニクロに行って子供用のTシャツを買う。キャンペーンをやっていて、トミカのTシャツを買うとオマケDVDをくれる、というので。

後はちょっと小さな子供が遊べるエリアとかがあったので、そこで遊んでいるうちに、奥様が色々と食品とか買ってきてくれた。日本のフリカケとか調味料とかはやっぱり種類が多いので、こういう買出しは重要だ。

ランチタイムになったので、デパートのレストラン街へ。丁度よくファミレスがあったので入ってみる。平日金曜日の午後なのに混んでいてびっくり。ランチを食べ終わったら、そのまま奥様の実家へ帰宅。2時半ごろに帰宅したので、そのままトランク2個の荷造り。色々と頑張ったが、結局トランク2個では収まらなかったので、ダンボール1つに入らなかった荷物を色々と入れていく。前回同様。

4時頃、タクシー2台で出発し、羽田行きの高速バスの始発駅へ。前回は僕らだけで貸切だったから、今回もそうかなぁ~、と思ったら、僕らの他に7人ほど乗ってきた。このバスは高速に乗るまでに一般道を通るが前回同様、今回も結構混んでいた。でもとりあえずは時間通りに到着。僕ら以外の7人の乗客はみな国内線ターミナルで降りていった。

羽田では、僕の母がすぐに合流。そしてお義兄さんも合流。僕の父が北海道からの出張で羽田に戻ってくるので、少し遅れて合流した。今回はみんなで中華料理のレストランに入り最後の晩餐。居酒屋に行きたかったがどこも満席。でも、この中華レストランで一品ものを沢山頼んでいるうちに結局居酒屋っぽくなてしまった。ビールも沢山飲んだし。

9時ぐらいになってお開き。最初は僕の両親を高速バスの乗り場まで送っていき、バスに乗り込むところまでお見送り。そして義両親とお義兄さんも高速バスに乗り込んで、お見送り。また少しのお別れだけど、とても楽しかったし次回会えることを楽しみにしてます。

そしてそのまま、出国審査をしてゲートへ・・・。が、まだ10時なので出発まで2時間もある。とりあえず、前回同様、子供たちの遊べるエリアへ行こう!と思ったが、前回あったところにない?!あれ~、おかしいなぁ~、と思って案内図を見ても見つからない。。。。仕方がない、とポータブルDVDでちょこっとアンパンマンを見せたりして時間をつぶす。

時間になったので、サンフランシスコ行の112番ゲートに行く。その途中で、タッチスクリーン式の案内ボートを見つけて奥様が「あれ?ちょっと待って!」とその案内ボードで確認すると、あった!キッズコーナー!なんと僕らは「110番ゲート辺りにあったはず?」と思っていたのは間違いで、実際は「106番と107番ゲートの間」にあった。大きな勘違い。そして110番ゲートからはかなり遠い・・・ので今回は諦める。

夜11時30分ごろから搭乗が始まり、ほとんど満席の飛行機は無事にオンタイムで離陸。機内では夜食を食べた後にすぐに暗くなり、子供たちはすぐに就寝。ずーっと寝ていた。僕は寝たり、映画「永遠のゼロ」をちょこっと見たり。。。そうこうしているうちに9時間なんてすぐに過ぎて、予定より30分ぐらい早い夕方5時頃到着。

今回も、長男は飛行機が着地したと同時にリバース。毎回そうなので、奥様が予防線を張っていて大丈夫だった。が!今回は次男もリバース大放出。ノーマークだったので、僕のジーンズ、リックサック、座席、床などが大損害。

キャビンアテンダントの方々が「大丈夫ですかぁ?」と丁寧に対応してくれて、まぁなんとかなったが、帰りのタクシーでは、運ちゃんが「子供さん、やっちゃったの?」とすぐに反応し、窓全開で運転していた。あ~あ。

まぁでも二人とも、家に着いた後は元気になっていたので良かった、良かった。飛行機の中で寝たので、夜はあまり寝れず。これから数日は時差ぼけとの戦いか。金曜日に帰ってきて良かった。土曜日、日曜日でリカバリーできる。

これにて今回の日本一時帰国の日記はおしまい。日本でお世話になった方々、本当にありがとうございました。僕ら家族にとって本当に楽しい帰国となりました。また次回の帰国の時には必ず連絡します。是非お会いしましょう。どうもありがとうございました。

一時帰国・東武動物公園

今日は東武動物公園へ。奥様の実家からは電車で30分ぐらいで行けるし、お義母さんが新聞広告を見つけて、「新しいアトラクションができた」との情報を入手したため。その広告を見せてもらったが、かなりワクワクさせられる内容。他のアトラクションも結構、3歳、5歳が乗れるのが多い。

東武動物公園駅からは700mというので行きは歩く。この駅前、すごく閑散としていて、どう考えても駅前って感じがしない。また名前も忘れたけど、○○町という・・・市じゃないのか。。。でも、きっと週末とか夏休みは混むんだろうな~。

4月の平日、相変わらずお客は少なくて今回は好きなように色々と回ることができた。乗り物なんて、1人の係員が2~3つのアトラクションを掛持ちしていて、言えばそのアトラクションを動かしてくれる、という。至れり尽くせり。

最初にゲートに入ったら、カメラマンのお姉さんがいて「写真を撮らせてくださーい」というので、撮ってもらう。家族で写真を撮る、というのが意外と機会がないものだ。今回もじぃちゃん、ばぁちゃんが一緒に来てくれたので、その記念もあり+子供たちは動物の被り物をとても気に入ったので。おかげでとても良い写真ができて、帰りに見たときに、じぃちゃんが購入してくださいました。とても嬉しかったです。ありがとうございますっ!

さてまず最初のアトラクションは「スワンボート」。3人乗りだけど、1人を大人の膝の上に乗せれば、4人で乗ってもいい、ということで家族で。「大人1人で漕ぐのは大変ですから」と言われたけど、確かに大変だった。200円で鯉の餌が売っていたけど、買わずに乗る。ボートが来ると鯉は「餌がもらえる」と思っているらしく、かなりの鯉が寄ってきて、子供たちは興味津々。でも・・・どの鯉も「肥えてた」なぁ~。

次はスカイサイクル。子供の国でも乗ったけど、高架のレールの上を走る自転車。ギャラクシーウォーカーズはちょっとした迷路。あとはカルーセルウォーターリリー。子供たちの大好きなメリーゴーランド。この近辺は他にも乗れそうなアトラクションがあったけど、ちょっとスピードが出るものだったので、二人ともパスしていてた。

途中で「くまさんカステラ屋さん」を発見。子供たちが「アストロファイター」に乗っているうちに奥様が9個入りを買ってきてくれた。このカステラが子供たちには大好評!僕は新聞広告に「くまさんカステラ15個入りを購入された方に3個サービス」というのを覚えていたので、お義母さんに広告をもらい15個入りを子供たちと購入しに行く。ちゃんと3個ゲット!「サービス券をご利用ありがとうございまーす!」と何故か喜ばれた。

その後、もう少し歩いて新設されたハートフルランドへ。10種類のアトラクションが新登場!ということで期待ワクワク。でも最初は「観覧車・エマさんのチーズ風車」。今回、色々な遊園地に行ったけど、観覧車が乗れそうなのは実はここだけ。なので、遠くから見えた観覧車は絶対に乗りたかったらしい。

観覧車は「奥様+お義母さん+次男」と「僕+お義父さん+長男」で別々に。頂上に上がったときに隣のゴンドラが見えたので、長男も次男も楽しかったらしい。そして「ハートフルランド」メインのエリアで、「ディギーとダギーのトロッココースター」「ぶるんさんのGoGO!スクールバス」「コケットさんの種まき飛行機」「出動!町のウォーターショット隊」、長男だけ「ストーブさんの冒険カート」。「いたずらヤギーのアスレチック砦」は、かなり大きなアスレチックの・・・建築物っていうのかな、建物があって、ほぼ貸切。ピラミッド型の迷路があったり、船の形をしたジャングルジムとか、うちの子供たち、ずーっと遊んでいた。

だんだん疲れてきたので、「コルネさんのパンケーキハウス」というレストランでピザとかホットケーキとか食べる。ビールも飲みたいぐらい暑かったけど、飲んだらすぐに寝そうになったので我慢、我慢(笑)。

ランチの後は動物園エリアへ。珍しいところではライオンの檻の中央にガラス張りの観察箇所があり、トンネルを通っていける、とか、蛍が見れる「ほたリウム」。ここは、最初の10分ぐらいは暗闇の部屋に入れられて暗さに目を慣れさせてから、蛍のいる部屋へ移動して蛍を見る、という。20分に一回の公演で一回16名ほどしか入れない。蛍の部屋に移動したときはかなりの数の蛍がいて、動いていて、「おー!」と思ったが、光以外は何も見えないので、「あれが小さめの動くLEDだったとしても多分わからないな~」とちょっと意地悪なことを考えてしまった。子供たちは蛍が何かを知らないので、「暗いのいやだ~」とわめいていた。

鹿に餌をあげたり、アフリカサバンナの動物エリアに行ったりして・・・。ここの動物園エリアは一番出口から遠いので、園内を走る汽車に乗って帰ろう、と話をしていたが、時刻表を見ると45分に1本しか走ってない。そして10分前に既に出発しているので、次は25分後・・・。そこまで待てない。ということで、頑張って歩いていくことに。当然、子供たちは「汽車にのりたーい」と喚くがなんとかなだめる。

15分ぐらいで出口に到着したころに、出口付近の駅から汽車が丁度出発していった。きっとこれが僕らが乗る予定だった終点で折り返して戻ってくるんだろう。歩いて正解。出口前でちょうどバスが止まっていたので、帰りは駅までバス。これで子供たちの不満は少しは納まった。

奥様の実家に無事に戻ってきてから、奥様とばぁちゃんはお買い物へ。男達は家でゆっくりお留守番。駅前に鮮魚が安く買えるスーパーができた、ということで晩御飯はお刺身!子供用はちょっと焼いたりしたけど全員お魚三昧。ビールも日本酒もお魚だとやっぱりおいしい。

そんな感じで、今回の旅行の最後の晩は終了。

一時帰国・越谷レイクタウン

前回の帰国の時も行ったけど、今回も再挑戦。あと数日でアメリカに戻るのに、おみやげとか何も買ってなかったため。

まず最初に「スナップキッズ」という子供が遊べるインドア・プレイ施設へ。レイクタウンって駅前に入り口がどーん!とあって、Mori(森)、Kaze(風)、アウトレットの3つに大別されているが、駅前から一番端っこまで片道2キロ!?更に3階建てなので、すべてを回ろうと思うと6キロも歩かないといけない!すげー!

そしてスナップキッズは結構端っこの方なので行くまでにほぼ2キロは歩いていると思われる。子供たちは・・・当然、トーマスだ、ミッキーマウスだ、キティちゃんだのの買い物カートに乗っているのでそりゃぁ楽しい。

スナップキッズは、感じとしてはサンブルーノにある「Diddalido」みたいな感じだが、大きな違いは保母さんみたいな方がいて、ちゃんと子供たちを見ていてくれる、という点。特に階段を上がるような滑り台とかは喧嘩になったり、危ないときがあるので、そういうのを見ていてくれる、というのはとてもありがたい。

ここは、1時間いくらの課金制+大人は食事か何かをオーダーしないといけない。とりあえず大人はドリンクバーをオーダー。色々と飲みながら子供たちが遊ぶのを見よう、と思ったが、うちの子供たちが「ぱぱ、あそぼー!」と言って、誘ってくるので仕方なく遊ぶ。少ししたら、おもちゃで遊ぶようになったので、アイスコーヒーとか色々と飲むことができた。

お義兄さんは今日も休みを取っていたらしく、家族で合流する、ということで僕らより30分ぐらい遅れて、スナップキッズに合流。また6ヶ月のMZKちゃんは遊べないけど、お義兄さん、お義姉さんには予行演習になったかも。

少ししたらお腹が空いたので、レストラン街へ移動。「アメリカから来たんだから、好きなレストランにどうぞ」と決定権を委ねられるが、どこのレストランもおいしそうで、かなり迷う。行ったり来たり。でも、大人6名+子供2名+赤ちゃん1名だと席の作り方とか空き状況にもよるので、結局は入りやすかった「鯛めしレストラン」へ。

このレストラン、とっても日本的で大正解。こんな鯛めし、カリフォルニアでは食べれないだろうし。あ、「たんと」レストランで昔食べたかな・・・。でも、子供たちも楽しめたようでよかった。

その後、みんなで子供用品コーナーへ。アメリカへ戻った後すぐに2件の誕生日会に参加するけど、プレゼントを買いにいく時間がないので、ここで買うことに。プラス、子供の服とかアメリカでは買えないようなものを奥様が見てくれた。

僕とお義兄夫妻、じぃちゃん、ばぁちゃんは子供たちとゲームコーナーへ。子供たちは、お金を入れて動く乗り物に乗りたい、と駄々をこねる。「もうだめだよ」と言うと、お義兄さんのところに行ってせがむ。おいおい、やめてくれ~。で、お義兄さんもやさしいので、いくつかは乗せてくれた。どうもありがとうございます。

他のコーナーではコインゲームのコーナーがあることを発見。ここだと安くて簡単なゲームが何度もできるし、当たるとコインが出てくるので、結構な時間遊べることが判明。奥様が戻ってくるまでなんとか時間をつぶすことができた。

奥様のショッピングが終わったので、一度帰宅することに。帰りも約2キロ歩く。ポカポカ陽気と単調なカートの動きで次男はカートに乗りながらお昼寝。お、いい感じ、と思ったがちょっとしたら駅に到着。カートから降ろしたら、すごく不機嫌に起きてしまった。まぁでも電車にてなんとか帰宅できた。

夕方には、みんなで回転寿司へ。前回も行った「くら寿司」。お義兄さん夫妻も車で合流。前回は6人用の席をワンボックスでよかったけど、今回はMZKちゃんもいるので2ボックス。子供たちはあっちに行ったり、こっちに行ったり。理由は、食べ終えたお皿を5皿、返却口に入れると上部のテレビモニターでくじ引きがスタートし、当たるとおもちゃがもらえるため。「ぼくがおさら入れる~」と兄弟で取り合ったり、まぁ大変だったが、おかげさまで丁度2個、おもちゃをゲットできたので満足、満足。MZKちゃんが大きくなったら3つ取らないといけないのか(笑)。

今回は、お義母さんが「バスで行ける」ということで、バスで回転寿司に行き、帰りもバスで帰ってきた。お店を出たら丁度バスが来たので、僕と長男が走ってバス停へ。バスを停めて、後から走っていた奥様、次男、じぃちゃん、ばぁちゃんを待った。らっきー。

今回は念願の回転寿司に僕の実家と奥様の実家の2回も行けてとても良かった!

一時帰国・鴨川シーワールド旅行・2日目

朝起きて、ビュッフェへ。朝は朝で魅力的な料理がたくさんあって、僕は一人で食べすぎ。みんなの準備ができたら、シャチのショーを見に行く。かなりの迫力で最初から見ていた6ヶ月の赤ちゃん、MZKちゃんは大泣き。まぁそりゃそうだ。でもでも・・・やっぱり「ふにゃぁ~」みたいな感じで可愛かった。うちの子供たちが6ヶ月のときにここに連れてきたら、始まる前から「びえぇぇぇえ」みたいな感じだったろうなぁ~。

シャチのショーが終わって、途中歩いていると「ガチャガチャ」発見!・・・・「やりたーい!」・・・・あぁ、やっぱりか。結局一回だけやってあげることに。今回の日本滞在中に、こんなことが数回ありました(涙)。

その他にはペンギンやアザラシのいるポーラーアイランドというエリアで餌をやっているところを見たり、お絵かきのコーナーがあったので、絵を描いてみたり。そうしているうちに、お昼になったので、シャチのショーをやるスタジアムの地下にあるレストランへ。

このレストラン、壁のガラスからシャチのショーのプールを見ることができるという圧巻のロケーション。食事を食べながらシャチが見れるし、そろそろ食べ終わるかな、という頃に、シャチのショーが始まったので、ショーを水中から見ることができた。トレーナーの人がプールに入って、シャチに足を押されてジャンプするところとか、結構すごかった!

で、もっと見たかったんだけど・・・うちの子供たちはシャチのショーよりも、「なんか乗りにいきたーい!」というので、僕が二人を連れて、ルーフガーデン・キッズ広場へ。ここはお金を払って乗れる乗り物が多数あり(涙)。で、係員以外誰もお客がいない。あ~気まずい。

最初は係員のいる機関車トーマス。結構長いレール。子供二人の料金で、「写真を撮らないなら、お父さんも一緒に乗ってもいいですよ~」と言ってくれたので3人で楽しむ。それだけ乗って、「とりあえず戻るよ~」と戻ろうとしたが、他にもたくさんある乗り物に未練たらたらの二人は「もどりたーい!(ギャン泣)」・・・・結局戻る弱い親。

次はジャンピングハウス。アメリカによくあるやつよりもちょっと大きめで、こちらも子供二人の料金で「お父さんもどうぞ~」と言ってもらえたので、3人で遊ぶ。途中で、奥様、義両親、お義兄さん夫妻とみんな来たときに、「ぼく、といれ~」と長男。「よし、じゃぁパパと一緒に行こう。ママ、次男見てて」と飛び出したら、一人でいるのが寂しかったのか、「僕もいくぅ!」と何故か次男も一緒。

戻ってきて、どうなるかと思いきや、その係員のおばちゃんが結構気を利かせてくれて「続きを楽しんで良いですよ~」と結局15分のところを20分ぐらいは楽しませてもらったような気がする。

最後にじぃちゃんと3人でアンパンマンの汽車に乗り+なんかゆっくり走るキティちゃんの乗り物に乗ってみたり・・・。毎回、日本に来るたびに乗り物にたくさん乗っているような気がする。まぁでもアメリカではあまりそういうのがないからいいか。。。

最後にもう一度、トロピカルコーナーの魚に色を塗って大画面で泳がせることのできるコーナーへ。長男はまた3匹くらい書いていた。

時間になったので、ホテルに戻って荷物を受け取り、送迎バスに乗って安房鴨川へ。そして帰りも「特急わかしお」に乗車。今回は海浜幕張で乗り換えて帰宅するコース。3分しか乗り換え時間がない!ということで、「まぁ30分後の電車でいいかぁ~」と思っていたら、お義兄さんが「間に合うかも!?」ということでとりあえず挑戦!そしてなんとか乗り込むことができた。

ちょっと混んでいたけど、高校生の青年たちが席を譲ってくれたので、座ることができた。今回の旅行でもうひとつびっくりしたのは、高校生や20代ぐらいだろう社会人の方々が気軽に席を譲ってくれること。本当にありがたい。

夕方、奥様の実家近くに到着したので、ちょっと早いけどそのまま居酒屋へ。まだ早かったのでかなり空いていて、僕ら子連れにも十分なスペースと騒いでも大丈夫な環境。今回、結構ビールを飲みすぎたので、チューハイを色々と飲んでみる。青りんごチューハイとか、カルピスハイとか。まぁ久しぶりに飲んだのでおいしかったけど、やっぱりビールの方がパンチがある、というか、飲んでるなぁ~という感じがある。

子供たちは座敷ということもあり、赤ちゃんはずっとゴロンゴロン。長男は赤ちゃんの手を触ってみたり、結構一緒に遊んでくれていたみたい。。。。みたいというのは、父親(僕)はずっと飲んで食べてました(爆)。お義姉さんの家族限定ブログで見ました(笑)。

たっぷり食べて、たっぷり遊んだので早めのお開き。そのまま奥様の実家に帰って、お風呂に入って寝ました。鴨川シーワールド、名前は知っていたけど、行ったのは初めてで・・・家族連れには全国で1、2を争うぐらいの良い場所だったのではないかな、と思うほど、とっても楽しかった!

一時帰国・鴨川シーワールド旅行・一日目

一泊二日で鴨川シーワールド旅行へ。

朝食を用意していただいてから用意して9時に出発!駅ではお義父さん、お義母さんと待ち合わせ。電車で東京駅に行き、途中でお弁当を買い込んでから「特急わかしお」で鴨川へ。

「特急わかしお」は2時間ぐらいで安房鴨川へ到着。車内ではお弁当を食べたり、うちの子供たちは従兄弟のMZKちゃんと遊んだり、まぁなんとか楽しくやっていた。途中で「御宿」に停車し、大学1年の夏休みに3週間ほど住み込みで旅館のバイトをしていたのを思い出した。そんなに時給は良くなかったけど、住む場所と3食付。あれから25年かぁ~、すげ~!

安房鴨川についてからは送迎バスで鴨川シーワールドホテルへ。シーワールドに隣接しているのでとっても便利。到着してチェックインしてからすぐにシーワールドへ。丁度アシカのショーをやっていたのでちょっと見る。他にもセイウチ、アザラシなども見学。ここは全部で4つの専用プールがあり、他にもイルカのショーや、シャチのショー、ベルーガのショーもやっている。一応2日間ですべて見ることができた。

ベルーガのショーがショーの中では一番おもしろかった。ベルーガって魚、初めて見たけど、大きさはシャチぐらい。なんと人間とコミュニケーションが取れる、という頭の良い魚。司会の人の言葉を真似してみたり、とても楽しかった。

またトロピカルアイランドというエリアでは、熱帯さんご礁をイメージした水族館でカラフルな魚が見れたり・・・うちの子供たちの一番はまったのが、コンピューターの画面で自分の好きな魚に色を塗れる事。そしてできた魚は正面の大画面でなんと!泳がせることができる、という・・・。さらにこれが無料!

できた魚が「あ、ぼくのさかな、いたよ~」とかおおはしゃぎ。休日なら一人1回やって終わりなんだろうけど、4月の平日なので、お客さんもまばら。うちの長男なんて5匹は書いていたと思う。選べるのは、確か、エイ、カクレクマノミ、シャケ(みたいなやつ)の3つ。エイは色を塗った表があまり写らず、お腹の部分を出して泳ぐことが多いので、なんかいまひとつ。シャケみたいな魚はすげー早くおよぐので「あ~、もういっちゃった」とか。カクレクマノミが一番探しやすいけど、それでも小さいので時々見失う。まぁでもそれが楽しい。

今回の晩御飯もビュッフェ。ここも海が目の前に見える最高のロケーションなので、海産物がとてもおいしかった。また食べ過ぎた・・・。そしてなんと!このバッフェの中には子供が遊べるコーナーがあり、なんと夕食時には保母さんみたいな方が面倒を見てくれるという!さらに!赤ちゃんには離乳食がメニューに含まれているっていう。親御さんも赤ちゃんの離乳食を考えることなく、ゆっくりご飯を食べることができる。鴨川シーワールド、すげー!

売店でビールとつまみを買って、お義父さん、お義母さんの部屋へみんなで集合。

7時半から「夜の水族館ツアー」というのがあるらしく、お義兄さん、お義姉さんはとても興味があったようなので、奥様が「わたしたちで赤ちゃんを見ていてあげるから、二人で行ってくれば。時にはお母さんも休養が必要よ」と暖かい言葉をかけてくれたおかげでお義兄さん夫妻、念願の「夜の水族館ツアー」へ。

その間、赤ちゃんはちょっと寝ていたり。起きてからは奥様、お義母さん、うちの子供たちで面倒を見たり。40分のツアーを終えて戻ってきたお義兄さん夫妻、とても楽しかったみたいで良かった、良かった。お義兄さんは家でも熱帯魚とか色々な魚を飼育しているので、とても楽しかったようだ。

その後、もう少しビールを飲んで今回はお休み。(気がついたら500mlのビール缶、2本飲んでた・・・)

一時帰国・お義兄さん宅を訪問

今日は、奥様のお兄さん、僕から見たら、お義兄さんのお宅をおじいちゃん、おばあちゃんと訪問した。お義兄さん宅は、奥様の実家からは駅2つ。駅からは歩いてでも行けるけど、うちの子供たちが路線バスにはまっているので、路線バスにて。奥様の実家近辺のバスはかなり近い距離だと100円で乗れるのでとても嬉しい。

お義兄さん夫婦には、昨年の10月に生まれた女の子の赤ちゃんMZKちゃんがいる。生後6ヶ月。うちの子供たちにとっては従兄弟。僕ら夫婦にとっては姪っ子。今回の旅行の最大の目的は、このMZKちゃんに会う、ことだった。

MZKちゃんは噂通りの大人しい赤ちゃんで、泣いてても「ふにゃぁ~」と声が小さい。まるで小鳥が鳴いているよう。うちの怪獣たちがこれぐらいのときはもう~、ホントに怪獣が喚くかのように「うぎゃぁ~!」だったから、ちょっとうらやましい(笑)。

本当は公園でお弁当を、とお義姉さんのTMMさんがわざわざお弁当を作ってくれたのだが、あいにくの曇り空だったので、みんなでおうちの中でお昼ご飯。ゆっくり食べて、アンパンマンなのどテレビも沢山見せてもらった後は、ちょっと天気が回復してきたので、本来行こうと思っていた公園へ。

この公園は電車の線路沿いにあるので、電車が通るたびに子供たちは大喜び!また、大きな滑り台もあって、何度も挑戦したり、他では見られないようなロープでできた橋とかもあり、2時間ぐらいは遊んでいたのではなかろうか?また近くに用水路もあって眺めたり。あと、お義兄さんがシャボン玉やボールを用意してくれたので、それで遊ぶのも楽しかったみたい。

夜もお義兄さんがシチューを作ってくれて、これがかなりおいしかった。遠慮もなくおかわりしてしまった。ビールもおいしかったし、本当にいたれりつくせりで感謝、感謝。更に、「今晩は是非泊まっていって」ということで、家族全員で宿泊。おじいちゃん、おばあちゃんは帰宅しました。

子供たちが寝た後は、これまた少しビールを飲みながら、子育て談義で盛り上がり。改めて、家族っていいなぁ~、と思いました。親、兄弟と仲良くしていると人生って楽しいなぁ~と思った。

一時帰国・奥様の幼馴染のおうちへ遊びに行く

朝起きて、少しゆっくりした後は、「ソダテリエ」という体験ルームに長男、次男とも預ける。次男は「パパもいっしょぉ~」とか言っていたが、もう一人のお友達が来て、3人で仲良く遊んでいる間に、こそこそ脱出。後で聞いたら、僕がいなくなって次男は数分大泣きしたらしいがすぐに長男たちと仲良く遊べたらしい。

この40分ほどの自由時間の間、奥様さまはすでに「ショッピングに行ってくる」と言ってたので、1階のお土産屋を覗いてみた。がいなかったので、ちょっとホテルを出て、昨晩行った居酒屋の近くにあったスターバックスに行って、ブレンドコーヒーを買ってきた。

「袋においれしましょうか?」とか「こぼれ防止のフタはご利用ですか?」とか、アメリカのスターバックスとは全然違う、とても丁寧な対応にちょっとビビッてしまった。コーヒーを片手にちょっと駅前を散歩。なかなか気持ちがいい。そして・・・やっぱり、東京の大都会ってすげー!駅前はビルやマンションばっかり!

時間ちょっと前に、子供たちを迎えに戻る。なかなか楽しかったようだ。「イースターのたまご作ったよぉ」とか「バニーさんとあそんだ~」とか。

その後はすぐにチェックアウトして、電車に乗って、奥様の幼馴染MSYさんのおうちへ。この幼馴染は、6年前の僕らの結婚式にも出てくれて、奥様側ゲストの代表としてスピーチをしてくださった方。おうちも大きな一軒屋でとっても素敵でした。

他にも、通称「さくちゃん」と息子さん、「ぐんじ」さんと二人の娘さんも参加。MSYさんのところも、男の子二人と娘さんの3人。みんな小学校や中学校で、うちだけちょっと小さい子供たち。お兄ちゃん、お姉ちゃんがとても面倒よく見れくれたので、子供たちも楽しかったようだ。まぁ、時々、彼らの遊びについていけなくて、二人で遊んでいるときもあり、そういうときはちょっとヘルプしたり、なんとMSYさんの旦那様のYASさんが面倒を見てくれたりもして、とても助かった。

YASさんは、うちの奥様のうわさ通り、とっても社交的な方で、「いつか逢えたら」と思っていたので、とても嬉しかった。残念ながら旦那は僕とYASさんのみだったが、二人で仕事の話をしたり、奥様も含めて子育てなど色々な話で盛り上がり、1時過ぎにお邪魔して、飲みだして、食べ初めて、気がついたら夜8時!びっくり!

みんなで近くのバス停に行き、「さくちゃん」一家とうちが同じ方向、「ぐんじさん」が逆方のバスに乗って、それぞれ帰宅。とても楽しかった。次回の帰国時も是非お邪魔したいな~、と思います。

一時帰国・東京ディズニー・シーへ行く

年末に行ったロサンゼルスのディズニーランドがとっても気に入った子供たちのために、今回は東京ディズニー・シーへ行くことに。

ロスのディズニーランドだと大人1日92ドル(9200円)だけど、東京ディズニー・シーは6400円という価格も「行っちゃおう!」と僕らを後押ししてくれた。そして更に僕も奥様もディズニー・シーは初めて!

お義父さんが用事がある、ということで、お義母さんと僕ら家族で。この日は少し小雨もぱらつくし、平日だからそんなの混んでないだろう、と思っていたが、そこはさすがにディズニー。それなりに混んでいた。人気のトイストーリー・マニアはすでに大混雑。まぁでもこれはロスで乗ったから後悔もなくパス。

今回乗ったアトラクションは、「海底2万マイル」。そして「スカットルのスクーター」。「ブローフィッシュ・バルーンレース」。「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」。どれも大体15分~20分待ち。

お腹が空いたので、マーメード・ラグーン内のレストランでランチ。とても混んでいたが、どうやら波があるらしく、いいタイミングでなんとか席を確保することができた。食べている途中で次男がウトウトと昼寝しようとしたが、「はっ!ここはディズニーランドだ!」みたいな顔つきですぐに起きた。

次に乗ったのは「キャラバン・カルーセル」。「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」「ジャスミンのフライングカーペット」。

ここで何故か知らないけど、長男が「ポップコーンが食べたい!!!」と絶叫。で探してみるもなかなか見つからない。何気なく歩いていると、「あ、ポップコーン売ってる」みたいにすぐに見つかったのに、いざ見つけようと思うとなかなか見つからない。

「入り口近辺になかったっけ?」ということで、「トランジットスチーマーライン」という船に乗って入り口の方へ戻ってみる。そこから、まだ行っていないエリアの方に行ったら無事に見つかったのでみんなでポップコーンを食べる。

そこから「タートル・トーク」へ。30分ほど並ぶ、と出ていたが、ちょっと小雨も降っていたし、他に乗れそうなのがないので、みんなで頑張って並ぶ。何回か子供たちも愚図ったが、なんとか入ることができた。個人的にはこれが一番おもしろいアトラクションだったんじゃないかな、と思う。

最後に「エレクトリック・レールウェイ」を2回乗って往復。シカゴをイメージした町並みの電車かな、と思ったが、どうやらニューヨークらしい。

最後にこの寒いのにも関わらず、「アイス食べたい~」と泣き叫ぶ子供たちのためにアイス屋をなんとか探して、そして食べて終了。はぁ~お疲れ様でした。

今回は新浦安のオリエンタル・ホテル東京ベイに宿泊することにした。理由は、平日金曜日の夕方、ラッシュ時に子供たちを電車に乗せて1時間ちょっとかけて家に帰るのは絶対に大変だろうから。ディズニーランドからはシャトルバスも出ているし、駅からも近いので、このホテルはとっても便利。

またこのホテルのすごいところは、子連れ家族専用の部屋があり、その部屋とは

(1)親子が川の字で寝れる低いマットレス2つ並べてある。
(2)もちろん部屋は土足厳禁。

さらにホテルの施設として

(3)ママサロンという、子供が遊べるスペース+ジュース無料+赤ちゃん用離乳食グッズ・・・などがあるところがある。
(4)「ソダテリエ」という体験ルームで50分間子供を見ていてくれる+アートや工作などやってくれる。。。。

なかなか楽しそう!

チェックインはディズニーシーに行く前にしていて、荷物も預けてあるので、夕方に戻ってきてからは一度部屋に行って、そのまま駅前ショッピングセンターの中の居酒屋へ。さすがに金曜日+4月ということもあり、どこも「新入生歓迎会」っぽいことをやっていて、なかなか入るのが難しそうだったが、なんとか一軒に入ることができた。

この居酒屋、なかなかの日本っぽい居酒屋で良かったし、味もおいしかったが、メニューの種類が少なかったかなぁ~、というのと、分煙じゃなかったのでちょっと不安だった、そして宴会が入っていたからか、オーダーしてから中々料理が来なかった、とか色々とあった。まぁそれもご愛嬌か。

ホテルに帰って風呂は入ってすぐに就寝。お疲れ様でした。