So-net無料ブログ作成
検索選択

居酒屋「銀次」

今日は本当は、友達の家で「お好み焼きパーティ」をする予定だったが、主催者が風邪をひいてしまった、とのことでキャンセル。まぁうちの怪獣達も鼻水、くしゃみ、咳をちょこちょこ出しているので、ゆっくりと過ごす。

そして夕方5時頃、サンマテオ・ダウンタウンの居酒屋「銀次」へ。ここは2月末に青学校友会で新年会をしたところ。子供連れでは敷居が高いか?と思ったら、そうでもなかったので、今回は家族で入店。開店してすぐだったので、待ち時間なし。

僕と奥様はとりあえずビール。長男には好物の「黒豚ソーセージ」「かっぱ巻き」・・・そしてレンコンが好きなので「レンコン・チップス」などなど。次男には奥様が作ってくれた離乳食のお弁当を。待ち時間にはipadが大活躍し、長男はとてもおとなしかった。

やはり人気の居酒屋だけあって、料理はどれもおいしく、ビールとの愛称も抜群。奥様は2杯目に日本酒をオーダーしてたが、日本酒とも合っていたようだ。

僕らは5時15分ごろに入店したが、6時前には満席になっていて、6時を過ぎたらかなりの行列がお店の前にできていた。やはりここは開店と同時に来るお店だな。

よ~く考えたら、2ヶ月前にサンノゼの「香風ラーメン」に行って以来の外食で、とっても久しぶり!ということが判明。奥様も毎日子育てに頑張ってくれているので、もう少し外食してもいいのかなぁ~・・・と思いつつ、毎週末、何か予定が入っているので、また機会があれば、どこかレストランへいければ、と思う。

おもちゃ

うちにはおもちゃが多い。日本のおじいちゃん、おばあちゃんが送ってくれたおもちゃもいっぱい、友達がくれたおもちゃもいっぱい、弟がダンボール2箱にいっぱいのプラレール、木のレール(Brio)、レゴを送ってきてくれていっぱい。置き場もないが、怪獣たちが遊びまくると足の踏み場もないくらい一面がおもちゃだらけ。

さらに・・・これだけいっぱいあるんだから、それぞれ好きなので遊べばいいのに、長男が遊んでいるおもちゃを次男が取りにかかり、そこでケンカ。次男を引き離し、他のおもちゃを与えると、今度は長男がそれに興味を示して取りにかかる。次男大泣き。・・・・なんてこった。

これだけいっぱいのおもちゃがあるが実は、もらってもまだ箱から開けてないおもちゃもいっぱいある。どうせすぐに飽きるし、これ以上散らかるのは片付ける僕のほうが大変なので。また逆に、まったく興味がなさそうなおもちゃは気が付かれないようにそ~っと抜いて隠している。たまに「あのおもちゃがな~い」と言われたりするが・・・。

僕と怪獣たちとおもちゃの格闘は毎日続く・・・。

Kさん一家をランチにご招待

Kさん一家をランチにご招待した。
このKさんは前のアパートで徒歩1分のところに住んでいて、色々とお世話になった方。長男と2ヶ月しか離れていない同い年のカズくんがいるので、子育て仲間でもある。

4月30日に二人目(男の子)を出産予定とのことなので、産まれる前にご招待。うちで使い終わった次男のベビー用品を引き取ってもらったり、最近の子育て状況などについて和気藹々と。今回びっくりしたことは、旦那様4月20日、カズくん5月4日、そして今度生まれる子もこの近辺ということで、Kさん一家の誕生日はみんなとっても近い、ということ。さらにカズくんとおばあちゃんは同じ誕生日なんだとか。偶然っておもしろい。

ランチは、奥様がパスタ2品とサラダを用意してくれて、結構おしゃれなランチになった。先日購入した子供用のテーブル椅子も大活躍。カズくんとうちの長男は二人揃って仲良く座ってランチ。なかなかかわいい。

ランチ後は大人は飲んだり色々とお話して、子供達はプラレールをしたり、おもちゃで遊びまくり。そろそろ3歳なので、絡んだりするのかな、と思ったら、カズくんもうちの長男も恥ずかしがり屋になっていて、お互いに母親を呼んでいた。

Kさん一家にも元気な二人目の男の子が産まれますように~!

床屋

今日、3ヶ月ぶりの床屋に行く。うちに会社には出張床屋が2週間に1回、火曜日に来るのだが、来週の火曜日は都合が付かないので、今回は他社に出張している移動床屋へ。半年振りに来る場所。話をしていたら、切ってくれた人は「あ~!」と僕のことを思い出してくれた。

さすがに半年も経っているので、どのようなヘアカットをしたかは覚えてなかったらしい。まぁしょうがない。なので、僕が希望していたより少し長めになった。まぁいいか。

いつも3カ月おきに行っているが、今回は少し長めなので、2ヵ月半・・・6月後半かなぁ~。

3年半ぶりのカイロプラクティック

3年半ぶりにカイロプラクティックに行った。ここ2週間ぐらい腰がめちゃくちゃいたいので。最初は、ストレッチをしたり、暑いお風呂に入ったり頑張って自力で治そうとしたが、やはり素人では無理なぐらいな状態だったらしい。昔お世話になったカイロプラクティックへ行くことに。

電話をしたら、「え~、お久しぶりですね~。日本に帰られたのかと思いました~」と言われた。そりゃそうだ。行かなくなった理由は、前の会社を解雇されて保険がなくなったからだ。先生にも「お~、懐かしい顔だ!」と笑われた。

3年半の間に、子供が産まれたり、色々とあったので、近況報告をちょこっとして、あとはずっと腰についての問診。この先生に最初にお世話になったのは2001年4月だから11年前。そのときも腰が痛かった。で、なんと1週間通い続けて完璧に治った!その後も、腰をまたいためたり、転んで胸を打ったり、どんなときでも1週間通うと大体痛みは収まった。痛みが治まった後は1ヶ月に一回の通院。

色々と問診していて、やっぱり・・・仕事でずっと座っているのが良くない+子供を抱っこしたり、お風呂に入れるときに前かがみになる頻度が多い・・・というのが原因のようだ。今回も1~2週間は2日に1回、通院しないといけないようだけど、それで治るならありがたい。

ガレージドアが直った

早朝8時前、電話が来た。ガレージドアの修理業者。
「今からあと10~20分ぐらいで着くから」
「あれ?今日の午後に来る予定だったよね?」
「予定が調整できて早くこれるようになったから」

ということで8時過ぎに修理屋が到着。
ガレージドアの上に取り付けてあるスプリング(バネ)を交換。
30分ぐらいですべて終了。

「日本のどこから来た?」
東京近郊」
「俺は秋田犬を2匹飼っているんだ。秋田犬は昔、天皇ご用達の犬で、名犬ハチ公も秋田犬だった」
・・・とかなりハイテンションだった。

実はこの業者、不動産購入時の申し込んだ保険会社に斡旋してもらった業者で、YELP.comの評判は星2つ。すこぶる評判は悪い。13人が評価をつけていたが、2人が星5つ。11人が星1つ。この11人は文句ばっかり。

大丈夫かなぁ~、という不安が来る前からあり、実際の作業も正直なところ、「あれ?」と思うこともあるのだが、とりあえず30日以内に再発したら無償でやりなおしてくれるし、問題がなければないで、それでいい。

まぁとりあえずガレージは直ったし、このまま平穏無事に過ごせればいいなぁ~、と思う。

LINK

毎日ニュースコラムを読んでいて、「あ~これいいな」と思う記事が沢山あり、それについて自分の意見なども述べたい、と思うのだが、なかなか書く時間がない。仕方がないので、リンクだけでも備忘録として残しておこう。

金を払って人に会う米国人、タダでも会わない日本人
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20120316/229892/?P=5

「女性は婚活を“最後の手段”って言うけど、そのときにはもう暴落してるんです」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120320/230079/?P=5

契約社員も上司も追い詰める“改悪法”の実態
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120320/230080/?rank_n

仕事ができるかどうか、ナニで決まる?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/13/news002.html

35歳になった時に心得ていないと、ヤバイこと
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1108/05/news005.html

35歳になった時に心得ていないと、もっとヤバイこと
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1109/30/news003.html

2割の働き者側に回るか、8割のテキトー者側に回るか?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/12/news012.html

今の日本に必要なことは何か? スティーブ・ジョブズの死を考える
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/07/news077.html

アップル新入社員が、初出社日に“学ぶ”こと
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/15/news005.html

お別れ会

今日は夕方から友人宅にてお別れ会。
僕ら夫婦アメリカでの婚姻証明にサインをしてくださった、いわば仲人さん的なご夫婦。サンフランシスコでの仕事の任期を終えて、こんどはシアトル郊外へ引越しすることになった。

結婚して、子供が産まれるまでは、ことあるごとにお食事に招いてくれたり、焼肉に誘ってくれたり、とにかく色々としてくださった。いつも気にかけてくださって本当に感謝。

僕らに子供が産まれてからは、なかなか会える機会がなくなり、今回も1年以上ぶり。お二人とも元気にしてらっしゃって安心した。

毎回会うたびに色々とお話してくださって、いつもそれが楽しかった。

「もともと全く他人の二人が結婚するんだから、意見が違って当然。血のつながった親子、兄弟だってうまくいかないんだから、血の通ってない夫婦なんてもっと難しい。それをいつも気にかけていれば夫婦生活は大丈夫」

「時間はいつも早く過ぎていく。毎日悔いのないように一生懸命生きなさい。気が付くとすぐに50歳60歳になって、体も自由が利かなくなってやりたいことも限られてくるから。」

いつかシアトルに遊びに行って、またお互いに元気に再会できたら、と思う。

ガレージドアが壊れる

午後、奥様がお買い物に一人で出かけ、僕は子供二人とお留守番。

奥様が出かけて10分ぐらいして、「どかん!」という大きな音がガレージから聞こえた!
一瞬、ガレージドアの開閉をする大きなモーターが落ちたのか!?と思ったが、見てみたら、ガレージドアの両脇にあるケーブルが切れていた。

修理業者に電話をすると、火曜日の午後なら・・・とのこと。それまでガレージは開けられないので、ガレージに残ったトヨタ・カムリはそれまで使えないことが決定。奥様が買い物に乗っていった日産セントラで火曜日の午後まで頑張らないといけない。

あ~あ!(涙)

お別れランチ

同じグループの同僚が転職することになったので、そのお別れランチ。

彼は2006年アメリカの大学院を卒業して新卒で入社した台湾人。とても大人しいが、話をすると笑顔で接してくれる。いつもお弁当を持ってきていて、時々しかランチを一緒にしなかったが、仕事は一緒のプロジェクトを手分けしたりしたことがあるので、転職する、と聞いてちょっと残念。

合計10名参加だが、うちの部署の特徴として、台湾人が多いので、今回も僕以外の9人は台湾人。6割ぐらいは中国語が飛び交った。まぁいつものことだし、昔の日系半導体企業では逆の立場だったので、あまり嫌な気持ちはしない。ミルピタスの台湾系レストランでランチをしたが、このレストラン、どうやらミシュランガイドで星をもらっているらしい。外見は普通のレストランなのに・・・すごい!

でも5年8ヶ月間、この会社で働いていた、というので、まぁ次のステップに進むには丁度いいと思う。大体5年を過ぎると職場にも慣れてくるし、同じような設計手法で同じようなプロジェクトが続くので、もし自分の経験とか知識とかの幅を広げたいと思うなら、転職したほうがいい。

この彼、2月末に子供が産まれたばかりなので、まさか転職?!と思ったが、話によると「子供ができて奥さんが仕事を辞めたので、もう少し収入が必要」と言っていた。確かに、収入を増やしたいなら、転職したほうがいい。同じ会社に長くいても給料の大幅な上昇はあり得ないから。

半導体というのは、1つ作るのに・・・まぁ規模にもよるけど・・・100人以上のエンジニアがそれぞれの工程を担当している。その中でも僕のような物理設計エンジニア(PhysicalDesignEngineer)はなかなか市場に経験者が少ないので重宝されやすい。特に昨今は景気が上向いているので、僕も1週間に1~2通は仕事案内のメールを人材斡旋会社からもらうし、電話も直接かかってきたりもする。もし転職を考えるなら、今はベストタイミングだと思う。

まぁそんな感じで・・・今の僕のグループには、中国系5人、韓国人1人、日本人1人の7人になった。