So-net無料ブログ作成
検索選択

為末、我慢を語る

陸上選手の為末選手のつぶやきをまとめたもの。
今までの日本人的な考え方を少し変えてもいいのかもしれない。

http://togetter.com/li/264989

【我慢と部活動と鬱】について
『みんなとうまくやれ。苦しい所を乗り越えれば成長できるぞ。みんなの気持ちを考えなさい』部活動でよく大人に言われる言葉だけれど、そっくりそのまま鬱になった人が会社から言われた言葉だったりする。
【まとめ】陸上なんてもう止めなさいと母親はいつも言っていた。そういってくれる人がいる事がすごく大事。だから僕は自分でピンチと持っていないピンチの人に自分が如何に逃げてきたかという話をする。どこかに逃げ場はあるんだと思わせてくれる何かがもっと社会にあってほしいと、僕は思う。

【やめる事のすすめ】について
【まとめ】実際にはやめる事が簡単じゃなくても、でもいざとなったら全部捨ててやめてしまおうという選択肢が頭にあるだけで随分世界が違う。逆説的だけど、本当に大事なものを無くさない為に、やめるという選択肢を常に置いておくべきだと、僕は思う。

・・・ちなみに僕が渡米する前に読んで影響を受けた本は
船井幸雄著 いやならやめろ
という本だったんだけどネットで調べたら全然出てこない・・・。

家から仕事

昨晩、真夜中に奥様に起こされる。どうやら次男の熱が103.4F(39.6C)と高くなったとのこと。
一応、熱さましの薬を飲ませることに。そして、今後の方針を打ち合わせ。とりあえず2時間後ぐらいに体温を測ってみることに。

で、僕は気が付いたら6時の目覚ましで起こされる。いつものように朝の準備をしていたら、テレビの天気予報で「今日は一段と寒くなる!」とのこと。今日は家から仕事をすることに。8時半にかかりつけの小児科に電話して9時45分に予約。奥様が次男坊を連れて小児科へ。

どうやら山は越えていて、だんだん快方に向かっていくだろう、とのこと。次男も僕らももう少しの辛抱だ!

お留守番

今日は長男の「なかよしプレイデート」の日。

普段なら家族で参加するが、次男坊が風邪気味のため、僕と次男は家でお留守番。奥様と長男はプレイデートの後にみんなで出前のランチをしてくる、ということで、次男坊にお昼を食べさせたりもしたが、お昼寝中は仕事とかもできたので、まぁお留守番も悪くない。

奥様、長男が一度帰宅していて、今度は奥様の大学校友会のプレイデートがある、いうことでまたお留守番。次男坊また昼寝をしたので、また仕事の続きができた。

夕方、もう一度、次男は時間外小児科へ。まだ咳は出るが快方には向かっている模様。でもまだ油断はできず。

青学校友会新年会、そして次男の風邪

今日は大忙し。

サンノゼのミツワ・スーパーマーケットで年に1度の「大創業祭」をやっていたので、買い物へ。50ドル買うと5ドルの商品券がもらえる。

夕方は、青山学院校友会の新年会。毎年サンフランシスコでやっていたが、今年はサンマテオといううちの近所で。本当は家族で参加しようと思ったが、次男が風邪気味なので、急遽僕だけ参加。でも、元々終わった後にすぐに家に帰りたかったし、僕がサンフランシスコ支部長だし、他に組織で運営しているでもなく、僕個人でやっているので、好き勝手にやってもいいだろう・・・と。

で、会場は「居酒屋・銀次」。このレストランは色々な人からとても良い評判を聞いているが、「混んでいて全然入れない」と聞いていたので、どうかな、と思ったが始まりを開店と同時の5時にお願いしたら、快く受けてくれた。

で、5時開始の新年会。13名出席予定が時間通りに来たのは4名。3分の1は30分以上の遅刻。まぁ今回は新しい場所にしたので、仕方ないかな。でも、今までより人数が少ないので、結構和気藹々と話ができてよかった、と思う。またレストランのオーナー?店長?が青学出身ということが判明して、ちょこっとサービスをしてもらった。来年からは、ここで新年会を開催しよう!

遅刻者が多かったので、開始が遅くなり、7時に終了予定が7時半に終了して、実際にお店を出れたのが8時前。急いで家に帰ると、奥様の車がない!あれ?どうしたんだろう?と思ったら、奥様の車が家の前に到着!

「次男の熱が高いから時間外小児科に連れて行くから。長男の面倒を見てて!」

とそのまま走り去る。で、自分の携帯を見たら、奥様から着信が沢山・・・(汗)。お店がうるさくて全然聞こえなかった。ショック。その後、長男をお風呂に入れて寝かしつけるも、なかなか帰ってこないので心配になる。

奥様は結局10時過ぎに帰宅。混んでいたのかな?と思ったら、肺の音とか、ウィルスの検査とかをしていたらものすごく時間がかかったのだとか。お疲れ様です・・・(涙)。

これからは常に携帯の状態を確認しよう!と固く心に誓った。

チェコ料理

今日は奥様が働いていた時の同僚のおうちへ訪問。

サンフランシスコのこの方の旦那様はチェコとセルビアのハーフで、とっても気さくで明るい方。奥様同士は1ヶ月ぐらい前に会っているが、だんな様同士は去年の年明けにウチに呼んで会って以来。相変わらずニコニコと笑顔で迎えてくれて、とっても嬉しい。

このご夫婦にも1歳半の女の子がいるので、子育て談義に花が咲く。メインは「二人目ができてどう?」っていう質問が多かったかな?お互いに共通の話題があって、それが子育てだと話題が尽きないのでとても楽しい。

前回、1年半ぐらい前にお邪魔したときはセルビア料理をご馳走になったが、今回はチェコ料理を。パンのようなものに、スープのようなものをかけて食べるのだが、これがめちゃくちゃおいしかった。どうやら今日のために2~3日かけてスープを煮込んでくれたらしい。うまいはずだ!

だんな様もお酒が好きなので、チェコのビールとか飲みながら楽しく話が弾んだが、次男のお昼寝とかもあったので、残念ながら5時ぐらいにお開き。

これからはもっと頻繁に、、、2~3ヶ月に一回は会いたいな~、と思う。

友達のお子さんの1歳誕生日会

今日は友達のお子さんの1歳の誕生日会にお呼ばれ
この友達は毎週一緒にランチをしている日本人ランチの友達。
行ってみると沢山の料理に沢山のお酒を用意してくれていてびっくり。
どちらかというと大人のためのパーティ?って気もしないでもないが、1年間のお世話を頑張った両親の苦労を労う、という意味もあるんだろうし、まぁいいのではないか、と。

うちの次男と誕生日が一日違いのカイくんも来ていて、相変わらず同じような成長ぶりで逆にびっくり。どちらかが先に何ができるとか、あるのかなぁ~と思っていたので。あえて違いがあるなら、歯が向こうは4本、こちらは2本生えている、ってぐらい。

また5年ぐらい前に何回かパーティ?飲み会?で会ったことのある友達が来ていて、「以前、あったことありますよね?」って言われてびっくり。う~ん。会った事、あるような。で、その後色々と話を聞いて「あ~~~」と思い出した。

彼は当時は僕と同じ独身だったが、今では1歳児の子持ちになっていた。そうやって時間は流れていくんだな、と。で5年前からどうしていたか、とか色々と話をしたり・・・なんかとっても嬉しかった、と同時に、改めて「シリコンバレーの日本人社会って狭いな」と思った。

本当は4時ぐらいに帰ろうか、と思っていたが、大人たちが盛り上がりまくって、結局帰宅したのは8時半。「まだ間に合う!」と急いで二人の子を風呂に入れて寝かせた。二人ともあまりぐずらずに入ってくれてよかった。

来月はウチの次男が1歳だけど、どうしようか、未だに迷っている・・・・。

友達を会社のカフェテリアにご招待

以前、アップル本社のカフェテリアに招待してくれた友達+その時に一緒に行った友達を、僕の会社にカフェテリアに招待した。僕の会社はアップルのように消費者が直接購入するような商品は作っていないので、なかなか知名度は低いが、会社の中に案内したときには、びっくりしていた。

残念ながらアップルで働いている友達はミーティングのため来れなかったが、ちかくで働いている彼の奥様は参加してくれた。

うちの会社のカフェテリアは、レジがなく給料天引きなので、僕が一緒に入らないといけない、という面倒はあるが、いちいち現金とか出さなくていいので、それはかなり楽だ。

11時半とかなり早い時間に来てもらったお陰で席にも困ることなく、1時ぐらいまで和気藹々と楽しい話ができた。4人とも同年代の子供がいるので、その話で盛り上がったり。

次回はスタンフォード大学で働く友達が大学の学食に招待してくれる、というのでとても楽しみ。
サンノゼ州立大学の学食より格段にうまいに違いない!

Kさん一家をご招待

今日は夕方、Kさん一家をうちへご招待。(Kさんって僕の周りに多いなぁ)
このKさんは前のアパートで徒歩1分のところに住んでいて、色々とお世話になった方。長男と2ヶ

月しか離れていない同い年のカズくんがいるので、子育て仲間でもある。

うちが12月に引越しをしてから初めてのご招待。前のアパートもここから近いので
「今から行きマース」という電話の5分後ぐらいには到着。

Kさんの奥様も4月後半近辺に二人目を出産予定で、前回会った時よりはお腹が少し大きくなって

いた。経過も順調そう。こちらも二人連続で男の子なので、結構共通点は多い。

子育て談議がいつもの話題だが、これがまた面白い。同じ年代の子がいると同じような心配事が

あったり、問題に直面したりして、教えられることも多いし、共感できることも多いし。

今まではあまり一緒に遊ぼうとしなかった長男とカズくんも一緒にプラレールで遊んだり、カズ君が

食事中に、うちの長男が
テレビ、テレビ」というので、
「カズくんのご飯が終わったらね」というと
「カズくん、カズくん」
とちゃんと待ってられたし。すごい!

またまた二人の成長が見れた楽しいひと時だった。

二人目が産まれる前にまたうちの招待したい、と思う。

牛角

日本で人気の焼肉店「牛角」がシリコンバレーでオープン!・・・して数ヶ月、未だに人気はすごいらしい。うちは子連れだしずっと先になって落ち着いてから行こう、と思っていたら、2月5日に焼肉用の肉だけ半額!ということで、いざ出陣。(スーパーボール・プロアメリカンフットボールの優勝決定戦のためのセール

オープンテーブル、というインターネットのサイトで予約が入れられるので、1週間ぐらい前に予約を入れる。開店と同時の5時に入店。すでにお店の前には予約なしの人たちが長蛇の列。でも予約のある僕らはすぐに入店。

時間節約のためにオーダーするものはインターネットに出ているメニューでチェック済み。「飲み物は何になさいますかぁ?」という店員に「オーダーしてもいい?」と。すぐにオーダー。

肉が到着すると、長男発狂!

「にくぅ~、にくぅ~」
「おいおい、まだこれから焼くからちょっと待て」
「にくぅ~(涙)」
「・・・・泣くなよ」

そしてさらに次男坊も発狂!仕方なく奥様が次男坊に、持参した離乳食を食べさせる。
最初の30分は、僕も長男の肉を焼いてあげていたので、僕ら夫婦は肉を食べることができず。楽しみにしていた黒豚ソーセージは全部長男が食べた。仕方なく再度オーダー。

後半は怪獣たちも落ち着いたので、夫婦でゆっくりとビールを飲みながら焼肉。ハラミ、牛タン、ホルモン、NYステーキ、どれもおいしかった。

お店を出たのが6時半。家に着いて7時。それからみんなでゆっくりして、子供たちを風呂に入れて、いつもどおりのペースに戻った。

これなら今後も夜の外食に行けそうな気がする。