So-net無料ブログ作成

「在宅勤務」に不安を覚える日本の会社員

友達がFacebookにリンクを張っていたので読んでみた。

「「在宅勤務」に不安を覚える日本の会社員」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/9189

1)平日に近所に出回っていると「リストラされたのか?」と思われてしまう。
2)会社にいないと、同僚から「仕事をしていない」と思われる。
3)あやふやな役割分担と評価が定着しているので、在宅勤務だと何をしていいのか、わからない

まとめてみると、こんな感じのようだ。まぁ一番大きな理由は2)ではないだろうか?文章のほとんどがその説明をしている。

そういえば、日本で4年間サラリーマンをしているときも、最初は5時半までの就業時間ぴったりになっても、なかなか帰宅しづらかった。6時ぐらいになって課長に「もう帰っていいですか?」と聞いてから帰れる、みたいな風潮。で、課長も当時39歳で独身だったから「じゃぁ、飲みにいくか!」と誘われてしまう・・・。

それが嫌だったので、一人で外回りができるようになってからは、夕方はなるべく客先に行き、5時半には事務所にいないように心がけた。で、5時半になったら「直帰(直接帰宅)します」と連絡を入れてサヨナラ。時には4時半に仕事が終わって、そのまま帰宅し、5時半に会社に電話をしたときには既に帰宅済み、なんてときもあった。まぁでもこれは外回りだからできること。内勤では難しい、と思う。

今の会社は・・・僕のマネージャーは「二人目が産まれて大変だろうから、時々なら在宅勤務していいよ」と言ってくれているので、子供の病院とか何か用事があるときは在宅勤務している。でも、日本のように在宅勤務をしていると「仕事をしてないように思われる」ということはない。在宅勤務している人も多いので、近所の人から変に思われることもないし、リストラなんて日常茶飯事なので別段びっくりすることでもない。

日本の人たちは兎角「周りにどう思われるか?」というのを気にしすぎていると思う。だから、無駄な時間を色々なところに費やすし(通勤とか生活残業とか)、それによって、生活も余裕がなくなり、精神的にもストレスが溜まる。自業自得、というような気もする。もっと「自分は自分」と割り切って、やりたいようにやればいいのに。。。と思う。・・・けど、許されないんだろうなぁ~。

メモリアルデー

今日はメモリアルデーという祝日なので休み。せっかくの3連休だが、昨日、お義母さんが帰国したし、家族4人での生活の1日目なので、朝もゆっくり・・・と思ったが、6時半には起床して自分の朝ごはんを食べて、長男の朝ごはんを用意していたら・・・長男が7時半に起床。着替え、オムツ、ご飯を食べさせた。

奥様がその後すぐに起床。。。。疲れ気味。どうやら次男坊が夜中、泣いてばかりだったらしい。本当にお疲れ様です。

お昼前に、長男と二人でお散歩。天気予報どおり、少し寒い。風が強い。30分ほどして帰宅。昼食後、長男お昼寝。次男坊を抱っこしながらビデオを見たり、洗濯したり・・・。夕方、奥様と次男坊が少しだけ散歩。長男がお昼寝から目が覚めたので、プラレールで一緒に遊び。

長男と次男の相手をしながら、奥様が夕食の準備。交代で夕食を食べながら、どっちがか長男にご飯を食べさせ、どっちかが次男を抱っこしたりして・・・。

休みなのに、結局バタバタとして一日が終わってしまった。

空港へお見送り

お義母さんがとうとう帰国。2ヶ月もいてくれたので、家にいるのが普通、な状態になっていた。「本当に帰るんだ~」と思うととても感慨深い。夕方発の日本航空・羽田行きなので、午前中はお買い物。午後は散歩に行き、夕方5時ころサンフランシスコ空港へ。

もっと感傷的に「さよなら~」という感じになるかな、と思ったが、長男は「遊びたい!」と泣き叫び、次男は「抱っこして!」と泣き叫ぶ。バタバタして「はい、じゃーね」って感じでさらっとしたお見送りだった。

僕ら夫婦はアメリカにもう14年も住んでいるので、不便なことなど何も感じないが、お義母さんにしてみたら、不便なことだらけだったと思う。まず歩いていけるお店などどこにもないし、どこに行くにも車が必要だし。テレビは英語ばかりだし。これが日本だったら、気分転換に本屋に行ったり、友達に会ったり何でもできただろうに。本当に申し訳ないことをしたな、と思う。

でも僕ら夫婦は、本当に助かったし、とても感謝しています。時間があったらまた「ふらっと」遊びに来てください。お待ちしてまーす!

最後の?晩餐

約2ヶ月滞在して次男の面倒を見てくれていたお義母さんが明日、日本に帰国するので、最後ぐらいは外食で、ということで「フレッシュ・チョイス」というレストランへ。ここは、サラダは一回だけ食べ放題。スープ、ピザ、パスタ、フルーツ、アイスクリームは食べ放題というレストラン。オーダーしてから待たなくてもいいし、子連れも多いので、僕らにとってはベスト・レストラン。

長男のときは生後5ヶ月ぐらいで初めて外食したが、次男だと2ヶ月で。やっぱり二人目って・・・いい加減かな?(笑)。

お義母さんも「色々選べて楽しい」とアイスクリームやピザなど沢山食べていた。喜んでもらえてよかった!

全社ミーティング

今日は会社で全社ミーティングがあった。第一4半期の決算が出たのでそれの説明や創業社長から「今後会社としてどういう方向に進むか」というメッセージ。前回は半年前に会社の大きなホールでやったが社員全員は入れなかったので、ほとんどの人がインターネットの動画配信で視聴。でも今回は、近所のサンタクララ・コンベンションセンターを借り切っての開催だったので、社員2000人ぐらいが一同に参加。

個人的には・・・うちの創業社長は話がダラダラと長いので、「ちょっとな~」というのも。(案の上、時間切れ!の指示が出ていた(爆))。また決算の見方とかよくわからないので、あまり興味がなかった。まぁでも同僚たちと一緒に参加して、行き帰りに色々と意見交換ができたのは楽しかった。

次男の検診

今日は次男の検診の日。でも僕は今回初めて行かなかった。奥様が「頑張って自分で行ってみる」ということで。まぁでもお義母さんも一緒だし大丈夫かな、とお任せすることにした。帰ってからの報告では、なんとか無理せず検診に行けた、とのこと。とてもありがたい。

次男坊、生後2ヶ月で5400gだったとか。ちなみに長男は2ヶ月の時は6500gだった。これからも健康で元気に育って欲しい。

奥様の誕生日


今日のランチは青学校友会の有志でランチ。前回企画した「『俺ん家らーめん』平日ランチの会」のリベンジを。なぜ、リベンジか、というと、前回は定休日の月曜日に開催してしまい、さらに当日はうちの次男坊が産まれたので僕は参加することができなかった。当日は8人の参加で残念ながら近くの「ごち」という日系レストランへ行ってくれたらしい。

さて、今回は・・・というと参加者は僕を入れて3人。スケジュールの調整をしてみたもの、やっぱり全員参加は難しかった。でも、個人的には大好きな俺ん家らーめんが食べれたので満足。

夕方は4時に出社。いつもより1時間早い。奥様の誕生日なので、帰りにホールフーズというちょっと高級チックなスーパーにて、ケーキとピザ、そしてパスタ、スープなどの惣菜を購入して帰宅。奥様少しびっくり。でも実はお義母さんの企画。

でも結局1歳10ヶ月児と2ヶ月児に好きなようにされたので、ゆっくりとしたパーティという感じではなく、食べれる人が順番に食べながら・・・といういつもと同じバタバタ感。でも奥様は喜んでくれたようでよかった、よかった。

BBQ!

今日は朝から「日本語ひろば」へ。いつもと同じ時間に起きるがやっぱり眠い。そして長男はもっと眠いはず(笑)。

10時に終わってからは、紀伊国屋書店へ注文していた、小田和正さんのニューアルバム「どーも」を購入。

そして今日は、いつも会社の日本人ランチをしている人たちとBBQ。Eさん宅にて。年末年始あたり?で2世帯住宅の片方に引越ししたEさんの新居(借家)は裏庭が広くリビングなども綺麗になっていて、かなり良いところ。

3ヶ月になったお子さんは顔立ちがしっかりしているし大人しい。Kさん宅の2ヶ月になる息子さんはカーシートの中でずっと寝ていた。育てやすそう。こちらも二重でぱっちりとかわいかった。うちの奥様、お義母さん、そして次男坊も後から合流。うちの次男坊・・・ずっと泣いてた。そしてずっと抱っこされてた。。。。頑張れ!

約1年ぶりに見た、Sさんの娘さんはそろそろ5歳。もうお姉さん、って感じだった。1歳半になるMさんのところの娘さん。数週間前から一緒に日本語広場に行き始めているのでよく見ているが、さすがに女の子、色々と話をしていた。

久しぶりに晴天の下、ビールを飲み、Eさんが自ら取ってきた「あわび」を堪能し、色々な話をして、とても楽しかった!

タイ式マッサージ

今日は都合により家から仕事。

せっかくなので、奥様に
「マッサージにでも行ってきたら?毎日、次男の子育てで大変だろうから。次男は僕とお義母さんで見ててあげるから」と提案。

本当は、奥様とお義母さんの両方に行ってきて欲しかったのだが、二人して
「パパが一人で次男坊を任せるのが不安!」との理由で奥様だけ(笑)。

お昼過ぎに出かけて行って、3時前に戻ってきた。とっても気持ちが良かったらしい。

奥様が出かけている間、次男坊は結構泣きまくり、結局、お義母さんが抱っこし続けてくれた。やっぱりお義母さんが残っていてくれて助かった!

最近、僕は長男にかかりきりで次男との接点がないので、少しづつ増やしていかないとな~、と思う。


お別れランチ

今日は、同じ部署で働く同僚が今日で会社を辞めて転職する、ということでお別れランチ。

退職する人とは、数ヶ月前に書いた日記の人。

http://bayarea.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04-3

僕は「使えねぇジジィ」と書いていたが、まぁ自分の専門であれば、能力を十分発揮できるんだろう、と思う。新しい職場でも頑張って欲しい。

3月に辞めた同僚もこの会社で5年、今回のジジィも5年、と大体5年で辞めるようだ。自分でも5年というのは十分な区切りだと思う。2~3年は全然少ないし、まぁ4年ぐらいがちょうどいいか。6年以上いると多分、他の会社に移るのが面倒くさくなるような気がする。

自分のやる気と緊張感を保とうと思ったら、やっぱり4~5年で転職をしていくのが一番いいと思う。