So-net無料ブログ作成

アリゾナ・フェニックス2日目

昨晩はホストファミリーの家にて宿泊。朝食もご馳走になる。

当初、「ローハイド」という西部開拓時代をモデルにしたアミューズメントに行く予定だったが「連休中は2時から開園」とのことで諦めてフェニックス動物園へ。館内一周するバスに乗って、解説聞きながらライオンとか象とか色々と鑑賞。

2時間ぐらい楽しんだ後はもう一度ホストファミリーの家へ戻りランチ。子供が少しだけ昼寝をしたので、色々と話をすることができた。

3時前に惜しみつつもお別れ。少し涙が出そうになった。帰りのフライトも少し混んでいたが子供はあまり暴れもせずに2時間過ごしてくれたのでよかった。

サンフランシスコ空港に着いてバゲージクレームにて荷物を待っていたら、何故か子供が馬鹿笑い。どうやら出てくるバッグが回転台に落ちるのが面白かったらしい。そのお陰で周りの何十人ものお客さんも大笑い。楽しい体験をさせてもらった。

今度はいつフェニックスに行けるかわからないけど、また機会があったら是非行きたい。それまでホストファミリーには元気でいてほしいと思う。
nice!(0) 

アリゾナ・フェニックスへ

約3年ぶり。2年前は奥様妊娠でつわりがひどかったのでパス。1年前は子供がまだ5ヶ月だったので断念。そして今回3年ぶり。8時前に起きて簡単な荷造り。10時に出発。車を長期パーキングに停めてシャトルバスで空港へ。セキュリティチェックポイントで「ファミリーレーン」を使ってすぐにゲートへ・・・と思いきや、このファミリーレーンがめちゃくちゃ遅い。一般レーンの方がどう見ても早かった。

お陰でゲートに着いたときにはほとんどのお客さんが搭乗していた。僕らの当初の席は3人席の2人分。隣にすでに人が乗っていたが少ししてスチュワーデスが「あっちに3人分の空席があるよ」と言われ移動。ラッキーだ!

離陸中に子供にランチを与える。耳抜きするため。食べ終わると子供はすぐにお昼寝。2時間のフライト中、ゲートに着くまではずっと昼寝をしていた。

レンタカーを借りてホストファミリーの家へ。すでに多くの人が到着済み。老夫婦の息子さん家族、娘さん家族がいて両家族とも久しぶり。逢えてとっても嬉しかった。

在米13年、アリゾナでのサンクスギビングは何回も体験しているけど、やっぱり本場伝統的なサンクスギビング・ディナーはいつも楽しい!彼らに出会えて本当によかった、と思う。
nice!(0) 

早退

今日は会社を早退した。連休の前日でそれほど忙しくもないので、マネージャーが3時ころ「帰ってもいいよ」というので。早く家に帰れるかな?と思ったら高速道路は結構混んでいた。4時頃、そのまま前のアパートに鍵を返しに行く。そして新しいアパートの管理人室へ紛失してしまった郵便受けの鍵を受け取りに。「お金払わないとダメ?」と聞いたら「別にいいわよ(笑)」と言われ、ラッキー。まだ少し時間があったので日系スーパーに買い物へ。6時前、子供をデイケアに迎えに行く。デイケアの人はかなり待っていたらしい。これからポートランドに行くんだとか。朝の話では・・・
僕「なるべく早く迎えに来るようにするよ」
デ「大丈夫よ。気にしないで」
と言っていたのに。ポートランドに行くなら、買い物とか行かずにすぐに迎えに来たのに。まぁいいか。

さぁこれから4連休の始まりだ。
nice!(0) 

師匠とランチ

またまた師匠とランチ。
メニューに「お寿司」があったが金額が倍に!
え!?と思ったが、倍のうちの半分は途上国の子供たちへの寄付らしい。ということで、せっかくなのでお寿司を。師匠とは話題のほとんどが仕事の話になった。今回も勉強になった。
nice!(0) 

引越し整理

前日、前前日の疲れのためダラダラと起きる。。。。でも子供が一番最初に起きて8時。それから荷物整理をしたり色々としながらお昼は前日お世話になったお友達のおうちで。これまた感謝、感謝。

午後も引き続き荷物整理。子供が昼寝を2時間もしてくれたので、それなりにはかどった・・・かな?

でもまだまだ開封されてないダンボールはあるし、本当に整理されるのはいつのことやら。年末までに整理できればいいかな、と思う。

今回の引越しの反省点
(1)2~3週間前から少しでも時間を見つけて、使わないものは荷造り。
(2)家具をどこに置くか、を事前に検討・決定する
(3)引越し当日のシミュレーションをする。(食事、着替えなど)
(4)余裕をもって行動する。

引越しに勝ち負けはないけど、どっちだ?と聞かれたら「負け」。色々なものが準備不足で引越しが終わってからもバタバタしてしまった。13年半の在米暦で一番大変な引越しになってしまった・・・。まぁ子供がいるから仕方がないか。
nice!(0) 

引越し当日

在米13年半、いつも自分でトラックを借りてきて、友達総動員で引越しをしてきたが、今回は引越し業者をつかった。すべて賃金の安いメキシカン系。でも本当に安かった。なぜなら・・・日系の引越し業者に見積もりをお願いしたら倍以上の金額を提示してきたから。

朝9時ピッタリにやってくると12時半ぐらいまで延々と搬出。その間に荷造りしてない荷物の整理。奥様と子供は危険なので引越し先+友人宅で待機。

午後1時過ぎに搬入開始。搬出は3人だったが搬入は何故か5人になっていて2時半には終了。大雨が降っていて少し大変だったろうなぁ~と思い、チップは少し多めに。メキシカン系、ちょっと不安だったけど、かなりしっかりと仕事をしてくれた。

その後は夕方までずーっと奥様と二人で荷物整理。なんとか最低限の生活ができる程度になった。子供は友人宅でおもちゃで遊んでてもらった。

晩御飯もこれまた友人宅で。今回の引越しはこの友人夫妻のお陰でかなりはかどった。本当に償いきれないほど親切にしてもらって涙が出そうになった。歩いて1分としない同じアパートのご近所さんなので、これから少しづつお礼をしていこうと思う。
nice!(0) 

引越し準備

引越しすることにした。
今まで3年間、1ベッドルーム1バスのアパートに住んでいたが、子供が生まれて1年5ヶ月、歩くようになってからかなり手狭になってきたので。

夫婦で会社を休んで引越し準備。もう少し前からやりたかったが、子供がいるとさすがに平日は難しい。仕事から帰ってきて疲れているし。週末もなかなかはかどらない。で、今日一日、夫婦で頑張って荷造り。

子供はデイケアに預けているので、ランチは夫婦二人で。サンマテオダウンタウンにできた、「日本の中華料理屋さん」という「遊楽」へ。ちょっと見下していたが、これが想像以上においしかった。

午後も頑張って荷造りするもだんだん疲れてきてはかどらず。夕方、子供を迎えに行ってからはもう全然。まぁどうにかなるか。。。。。
nice!(0) 

友達とランチ

今日は前の日系半導体企業の時の同僚とランチ。前回は約1ヶ月前。僕よりも3つ下だが色々と勉強をしているし、学ぶことがたくさんあるので毎回ランチをするのは楽しみ。ちなみに2児の父で子育ての先輩でもある。

今回も仕事の話から子育ての話などで盛り上がり、そして色々と勉強になった。今度は年末か、はたまた年始か?どちらにしても楽しみ!
nice!(0) 

床屋、引越し準備、など

今日は朝早くから床屋へ。2ヵ月半ぶり。

昨日電話して前回と同じ人(名前はKobiさん)の予約を取ろうとする。が、電話に出たのはどうやら昨年僕の髪の毛を超~短くしたジジィ・・っぽい。「Kobiにヘアカットしてもらいたんだけど」「今日はいないよ」「いや、明日の朝一で」「おっけ~」・・・。すげー不安。本当にKobiは明日来るのだろうか?

不安になりながらもとりあえず行くと、Kobiがいた。「お~、ひさしぶり~」と普通に会話してヘアカット。彼がいてくれてよかった!ヘアカットも40分ぐらいで終了。

家に帰ってからは、奥様と引越しの準備。3年住んだ1ベッドルームのアパートから2ベッドルームのアパートへ引越しをする。やはり子供がいると1ベッドルームは狭い。子供が「外へ散歩に行こう!」とせがむし。。。

夕方、友人がミニバンに乗って訪問。ワインやグラスなど割れ物系を自分たちで運ぶため。友人が他にも色々と運んでくれたお陰でかなりスペースができた。これから新たな荷造りをするので助かった。

その後、サンマテオ・ダウンタウンへ。Kokkoという焼き鳥屋に行こうとしたがすでに満席。で、ひまわりラーメンへ。なんとか4人席があり3人プラス1子供で。ビールにつまみを少々食べてからラーメンへ。ラーメンを食べ終わるころには子供は飽きてしまいギャーぎゃー泣き叫ぶ。あああ(笑)。

なんとか充実した一日だった。
nice!(0) 

日航、整理解雇を正式決定

ここ最近、時事ネタは全然書いていないが、ちょっと気になったので。

『会社更生手続き中の日本航空と管財人の企業再生支援機構は12日、パイロットと客室乗務員計百数十人について、雇用契約を一方的に解除する「整理解雇」の実施を正式に決定した。』

アメリカの会社だと、解雇なんて普通に行われるので、会社の業績が悪くなればこういうのは普通に行われるものだろう、というのがある。が、日本の会社はとってもとっても頑張って「希望退職」を勧めているらしい。もっと「スピード」ということを考えるならば、バッサリ!とすればいいのに・・・と思うのは酷すぎか?

でも、そういう僕もいきなりバッサリ!解雇された経験者。不況はどん底になる前にバッサリ解雇してくれたお陰で、まだ雇用が少しでもあるうちに次の会社が見つかった。あと半年遅かったら、次の仕事なんて全然見つからなかった、と思う。

自分の現在いる場所が不安定になってきたら、すぐに軌道修正をする「スピード」は大切だと思う。会社に「不当解雇だ~」なんて反論している時間があるなら次の可能性をいち早く見つけてすぐに動くべきだ、と思う。

昔の日記(2002年ぐらいとか)を読み返していたら・・・こういう時事ネタ、結構書いていたんだな~。
nice!(0)